ヒーローだけど人を殺す ドウェイン・ジョンソン、DCを変える『ブラックアダム』

DC最新作『ブラックアダム』の日本公開日が12月2日(金)に決定、ケタ違いの強さで来る者すべてを蹴散らす、爽快な特報が全世界で解禁となった。

ワーナー ブラザース 公式チャンネル/YouTube

THE BATMAN-ザ・バットマン-』(22)、『ジョーカー』(19)など数々の大ヒット作を生み出してきたDCと、ド派手なアクション超大作「ワイルド・スピード」シリーズや「ジュマンジ」シリーズのヒット、そしてNetflixのアクション超大作『レッド・ノーティス』などで知られ、その活躍が常に世界中から注目される俳優ドウェイン・ジョンソンがタッグを組む最新作は、世界を救わない“最恐”のアンチヒーローが大暴れするアクション・エンターテイメント。

スーパーヒーロー軍団もぶっ飛ばす!!

これまで、バットマンやスーパーマンなど様々な人気スーパーヒーローを生み出してきたDC。そんな彼らが満を持して世に放つのが、5,000年の眠りから目覚めた破壊神ブラックアダムだ。この圧倒的な存在感を放つキャラクターを「ブラックアダム以上に自分のDNAに語りかけてくるものはいない」と語るドウェイン・ジョンソンは、自身のトレーニングで驚異的な体を仕上げ、コスチュームの(体を大きくみせるための)詰め物を断固拒否。自前の筋肉だけで表現されたその体で詰め物ナシのコスチュームを着たときに「俺はブラックアダムだ」と感じたという。さらに彼はブラックアダムの登場により「DCユニバースのヒエラルキーが変わる」と明言している。

その言葉通り、世界解禁された特報では、飛行を警告してきた戦闘機の翼を片手でへし折り、武器で攻撃されても表情一つ変えず一瞬で空中に蹴散らすなど、圧倒的な強度とケタ違いのパワーの片鱗をみせる。そんな暴君ぶりをみかねたスーパーヒーロー軍団“ジャスティス・ソサエティ”が立ちはだかるが…。「ヒーローは人を殺さない」の言葉に対し「俺は殺す」と返すなど、スーパーヒーローとしての一線を軽々と踏み超え、世界すらも救わないアンチヒーロー、来る者すべてをぶっ飛ばす破壊神ブラックアダムを見かけても、絶対に絡んではいけない。

本作の主人公ブラックアダムを演じ製作総指揮を兼任するのは、正義感あふれるキャラクターや愛嬌ある役どころも得意とするドウェイン・ジョンソン。監督は、『ジャングル・クルーズ』(21)でもドウェイン・ジョンソンとタッグを組んだジャウマ・コレット=セラ。『エスター』(09)、『ロスト・バケーション』(16)などジャンル映画で気を吐くビジュアル派の鬼才が、スーパーヒーロー映画に初参戦。破壊神vsヒーローチームの一大バトルを圧倒的スケールで描き出す。

©︎2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & ©︎DC Comics

TAGS