ドウェイン・ジョンソン史上最強で最高なハマり役『ブラックアダム』

世界を救わない最“恐”のアンチヒーローが大暴れするDC最新作『ブラックアダム』が、12月2日(金)より公開される。

ワーナー ブラザース 公式チャンネル/YouTube

本作の主人公は、5,000年の眠りから目覚めた破壊神ブラックアダム。全世界で解禁となった最新映像は、ブラックアダムが規格外の強度で暴れまくるアクション満載の映像となっている。雷マークが印象的な黒いスーツに身を包むブラックアダムは、飛んでいる戦闘機をへし折り、宙に舞う車をぶっ壊し、青い電撃をぶっ放す。自分の邪魔するもの全てを“破壊”しなぎ倒していくが、そんな彼の暴君ぶりをみかねた世界の平和を守るスーパーヒーロー軍団“ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ”が立ちはだかる。

ケタ違いのパワーを持つブラックアダムを人類の脅威と捉える“ジャスティス・ソサエティ・オブ・アメリカ”。しかしブラックアダムは軍団の空飛ぶリーダー、ホークマンすらも一瞬で吹き飛ばす圧倒的な強さで世界を驚愕させる。スーパーヒーローとしての一線を軽々と踏み超え、世界すらも救わないアンチヒーロー、来る者すべてをぶっ飛ばす破壊神ブラックアダムがついに降臨する。

7月23日(現地時間)に、3年ぶりに開催された世界最大級のポップカルチャーイベント「サンディエゴコミコン」に登場したドウェイン・ジョンソンは、本作の構想に10年間以上かかったことを振り返りながら「コミコンに来るのは毎回楽しみだけど、『ブラックアダム』でこの場に立てていることが本当に夢みたいだ。はじめてこのメンバーが完璧にコスチュームに身を包んだのを見たとき、『これだ』と感じたんだ。みんなのエネルギーが『ブラックアダム』にも反映されていると思うし、僕のゴールはDCユニバースに新たな風を吹かせることなんだ、だれもやったことがない新鮮でユニークな風をね」と語り、会場を沸かせた。「ブラックアダム以上に自分のDNAに語りかけてくるものはいない」と明言するドウェイン・ジョンソン史上最強で最高なハマり役は絶対に見逃せない。

本作でドウェイン・ジョンソンは、主演と製作総指揮を兼任。監督は『ジャングル・クルーズ』(21)でもドウェイン・ジョンソンとタッグを組んだジャウマ・コレット=セラ。『エスター』(09)、『ロスト・バケーション』(16)などジャンル映画で気を吐くビジュアル派の鬼才が、スーパーヒーロー映画に初参戦。破壊神vsヒーローチームの一大バトルを圧倒的スケールで描き出す。

©︎2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & ©︎DC Comics

TAGS