ホワイトハウスに出現したゾンビ vs レオンとクレア 『バイオハザード』シリーズ初の連続CGドラマ

全世界でシリーズ累計出荷本数1億本以上を超えるサバイバルホラーゲームの金字塔「バイオハザード」が、シリーズ初の連続CGドラマ『バイオハザード:インフィニット ダークネス』として、2021年7月Netflixにて全世界独占配信される。

Netflix Japan/YouTube

1996年にゲーム第1作が発売され、今年シリーズ25周年を迎えた「バイオハザード」。本作は、「バイオハザード 」シリーズの人気キャラクターレオン・S・ケネディと、クレア・レッドフィールドの2人を軸に物語が展開されるホラーアクション作品。数々の死線をくぐり抜けてきたレオンとクレアが、ホワイトハウスで偶然の再会を果たし、新たな脅威に立ち向かう姿が描かれる。

製作/原作監修には、数々の「バイオハザード」シリーズを世に送り出してきたカプコンの小林裕幸プロデューサーが参加。制作プロデュースには、様々なアニメ作品を生み出しているトムス・エンタテインメント、映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』で制作プロデューサーを務めた、宮本佳率いるQuebicoがフル3DCGアニメーション制作を担当する。日本語吹き替えキャストには、レオン役を森川智之、クレア役を甲斐田裕子が演じ、歴代『バイオハザード』ファンに支持されてきた二人の共演にも注目が集まる。

初の連続CGドラマを手がけるのは、『海猿』『MOZU』『太陽は動かない』の羽住英一郎。本作で初のアニメ作品を披露する羽住監督は「長い歴史と多くのファンがいる作品に関われる事に、プレッシャーよりも素直に喜びの方が勝っています。フルCGアニメですが、普段自分がやっている実写の撮影に近いキャメラワークやライティングの雰囲気に極力寄せる事により、よりライブ感が出る様に意識しました。『バイオハザード』シリーズのファンは勿論ですが、そうでない方たちにも、楽しみながら一気に観ていただけたら幸いです」と、新たな挑戦に挑む喜びと抱負を語った。

壮大な物語を盛り上げる音楽を担当するのは、映画・テレビドラマ・アニメーションを中心に、ドキュメンタリーや、ゲーム音楽など、ジャンルにとらわれず幅広い分野で活躍している菅野祐悟。菅野は「これまでの『バイオハザード』より、たくさんの精神を継承しつつ、新しい世界観を構築しようと試行錯誤しながらチャレンジさせていただきました。また、Netflixで配信されることを意識し、海外の方々に観てもらった時にも楽しめるよう、ハリウッド映画のスケール感を意識しました。羽住監督から、いつもと同じ、詳細なオーダーを頂きましたので、とくにアニメーションとして意識して制作したような感覚はありませんでした。むしろ、今、“あっそういえばそうでしたね”という感じです(笑)」と、世界中で愛されている「バイオハザード」らしさを表現するため、工夫し続けた日々を振り返った。

今回解禁となったのは、レオンとクレアにフォーカスされたキャラクターPV。ハッキング事件の捜査のためホワイトハウスに召集されたレオンは、福祉施設建設の陳情に訪れたクレアと偶然の再会を果たす。クレアは、難民支援のために訪れた国で手に入れたた奇妙な<少年の絵>を差し出すが、何かを悟ったのか、レオンは「危ないことだけはするなよ」と言い残して去っていく。そんなレオンにクレアが「スーツ似合ってないわよ」と声をかける。突如停電したホワイトハウスに出現した正体不明のゾンビと闘うレオンと、奇妙な少年の絵の真相を探るクレア。二人がこの先立ち向かうことになる“真の恐怖”が、ここから始まる…。

『バイオハザード:インフィニット ダークネス』は、2021年7月、Netflixにて全世界独占配信。

TAGS