ビリー・アイリッシュ 「007」最新作主題歌『No Time To Die』公開

ビリー・アイリッシュが手がける「007」シリーズ最新作『007 ノー・タイム・トゥー・ダイ』の主題歌となる楽曲『No Time To Die』の音源が公開された。

Billie Eilish/YouTube

同楽曲は、2月18日(英国時間)に開催されるブリット・アワードにて初めて披露される。日本ではYouTubeにて生配信される予定。

主題歌の公開に合わせて、この曲をフィーチャーした映画の予告編映像も公開となった。

James Bond 007/YouTube

現在18歳のビリーは、「007」シリーズの主題歌を担当する最年少アーティストとなる。2月12日、ビリーは自身のソーシャルメディア上で、この主題歌『No Time To Die』を2月14日に公開することを明かしつつ、映画のロゴと共に同曲からインスト・パートの一部音源を公開していた。

ビリーが同映画の主題歌を担当することは先月発表され、つい先日開催された第92回アカデミー賞での追悼コーナーでザ・ビートルズ「Yesterday」のカヴァー・パフォーマンスを披露した彼女は、授賞式前のレッドカーペットで、米TV番組「アクセス・ハリウッド」によるインタビューの中で「主題歌はバラードっぽい感じ」になると語っていた。

「007」シリーズ最新作は、このビリーによる主題歌以外にも、主演のダニエル・グレイグが今作を最後に、ジェームズ・ボンド役からの卒業を発表していることや、イギリスの人気TVシリーズ「Fleabag フリーバッグ」(日本ではAmazon Primeで公開中)を手掛けたフィービー・ウォーラー=ブリッジが脚本を共同執筆していることでも大きな話題を呼んでいる。ビリーは「007」シリーズの脚本家に抜擢された史上2人目の女性となる。

映画『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』の出演キャストには、映画『ナイブズ・アウト』でもダニエル・グレイグと共演するアナ・デ・アルマスはじめ、ラシャーナ・リンチ、ナオミ・ハリス、レア・セドゥ、ベン・ウィショー、ジェフリー・ライト、ラミ・マレック、レイフ・ファインズら豪華顔ぶれが名を連ねている。『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ 』は4月10日(金)より日本公開となる。

TAGS