ビヨンセが監督、脚本、製作総指揮 ビジュアルアルバム『Black Is King』 Disney+で配信

ビヨンセが、新たにビジュアルアルバム『Black Is King』をリリースする。

ビヨンセがナラ役の声で出演した映画「ライオン・キング」の音楽をフィーチャーした新作は、7月31日にDisney+で世界配信となる予定だ。ビヨンセ自らが脚本を書き、さらに監督と製作総指揮も務める。
昨年発表したアルバム『ライオン・キング:ザ・ギフト』をベースにしたこの新作には、チャイルディッシュ・ガンビーノやケンドリック・ラマー、ファレルといった豪華アーティストのほか、夫のジェイ・Z、そして娘のブルー・アイビー・カーターも参加している。

ビジュアルアルバムの中で描かれるのは、「裏切り、愛、自己の認識を通じた若き王の超越的な旅」。黒人文化や歴史を祝福し、伝統的な美と黒人の存在を強く描かれれるストーリーになっている。

TAGS