トランプがキレたR指定映画 最強ヒロインの射撃トレーニング

エリート層が娯楽として人間を狩るという過激で残忍な描写と、政治的陰謀論がはびこるアメリカ社会を痛烈に風刺したことで話題となったサバイバル・アクション映画『ザ・ハント』。

YouTube

主人公である庶民階級のクリスタルは狩られる側として恐怖の餌食となるが、「狩られる前に狩る」という容赦なしのサバイバルゲームに挑んでいく。クリスタルを演じたのは80年代の女子プロレスを描いたNetflixオリジナルシリーズ『GLOW:ゴージャス・レディ・オブ・レスリング』等で知られるベティ・ギルピン。着実に、そして論理的に狩る側を追い、絶望の中で無慈悲に次々と人を殺していくという主人公を見事に演じきっている。

YouTube

本作出演にあたりフィジカルトレーニング、スタントトレーニング等に2カ月を費やしたというギルピンだが、その甲斐あってかアクションシーンがとにかくすごい。なかでもガン・アクションは必見で、『ジョン・ウィック』シリーズにおけるガン・アクション指導でもおなじみのタラン・バトラー氏からのお墨付きも得ているほど。

ギルピンがバトラー氏が経営するTaran Tactical Innovationsでトレーニングを受ける様子を見ると、ハンドガン、ショットガンを手に持ち、ターゲットを素早く正確に撃ち抜いており、プロ顔負けのテクニックを習得したことが窺える。『ザ・ハント』はガン・アクション好きにも必見の1本と言えるだろう。

©2020 UNIVERSAL STUDIOS All Rights Reserved.

なお『ザ・ハント』本編でギルピンが使用するハンドガン「G17 Combat Master」は『ジョン・ウィック:チャプター2』でもおなじみのモデルである。

TAGS