最後に笑うのは誰か? 韓国最強スタッフ&キャスト陣で映画化『藁にもすがる獣たち』

日本の犯罪小説を韓国最強スタッフ&キャスト陣で映画化した『藁にもすがる獣たち』が、2021年2月19日(金)よりシネマート新宿ほか全国にて公開される。

原作は曽根圭介による犯罪小説「藁にもすがる獣たち」(講談社文庫)。金に取り憑かれ、欲望を剥き出しにした人々が激しくぶつかり合う様を描いた本作を、日本でも大人気のマ・ドンソク主演作『犯罪都市』『悪人伝』のスタッフが韓国映画界を代表する豪華キャストで映画化。

自らの過去を清算しようとする女に『シークレット・サンシャイン』で第60回カンヌ映画祭主演女優賞に輝く“カンヌの女王”チョン・ドヨン、恋人が残した借金に苦しむ男に『アシュラ』『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン、大金の入ったバッグを拾った男を『スウィンダラーズ』のぺ・ソンウが演じる他、『王宮の夜鬼』のチョン・マンシク、『MASTER/マスター』のチン・ギョン、『コンフィデンシャル/共助』のシン・ヒョンビン、『感染家族』のチョン・ガラム、さらに『ハウスメイド』で国内の賞を総なめにし、A24が手掛ける最新作『MINARI(原題)』で、ハリウッドデビューを果たした国民的女優ユン・ヨジョンらが集結。

大金を巡って二転三転する予測不能の展開が観客を魅了し、本国では興行収入ランキング初登場第1位を記録。果たして最後に笑うのは誰なのか?新たなクライム・サスペンスの傑作『藁にもすがる獣たち』は2021年2月19日(金)より公開。

YouTube

©2020 MegaboxJoongAng PLUS M & B.A. ENTERTAINMENT CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.

TAGS