ビースティ・ボーイズ × OPENING CEREMONYのコラボコレクションがリリース

数々の大物アーティストのMVや伝説的なスケートビデオを手がけるほか、映画『かいじゅうたちのいるところ』(2009)、『her/世界でひとつの彼女』(2013)などの監督としても知られるスパイク・ジョーンズが監督・監修を務める話題のドキュメンタリー作品『Beastie Boys Story』の公開を記念して、Beastie Boys(ビースティ・ボーイズ)と『OPENING CEREMONY(オープニングセレモニー)』のコラボコレクションが登場した。

従来のツアーグッズをコレクターズアイテムに昇華させたいという思いから、Beastie Boysのメンバー Mike D(マイク・D)、Adrock(アドロック)とスパイク・ジョーンズ監督の3人がOPENING CEREMONYに制作を依頼したことで実現した本コラボ。同ブランドの創立者でクリエイティブディレクターのハンベルト・レオンは、「Beastie Boysのアルバムやシングルのアイコニックなカバーを、アーティストたちがそれぞれに再解釈して新しいバーションを作る、というのがこのコレクションのコンセプト。キム・ゴードン、レイモンド・ペティボン、ビル・マクマレン、ジェフ・マクフェトリッジという錚々たるメンバーに、好きなアルバムカバーをもとにしたアートワークを作ってもらったよ」とコメント。

ラインナップは、それぞれのアーティストたちが手がけたグラフィックがプリントされたTシャツ、フーディ、ジャンプスーツといったストリートの定番アイテムが揃う。

このスペシャルなコレクションは、デジタルマーケットプレイス「Farfetch(ファーフェッチ)」限定でリリースされる。

TAGS