Pop Smoke、DaBaby… BAD HOPが今聴いてるラッパー

2月16日(日)にヒップホップ専門ラジオ局・WREPにて、横浜アリーナ公演を目前に緊急特番「BAD HOP 『リバトーク』2時間スペシャル」として生放送を行ったBAD HOP。約9ヶ月ぶりの放送となる「リバトーク」には、YZERR、T-Pablow、Yellow Pato、Bark、Vingo、G-KID、Benjazzyが登場した。

「最近何を聴いているか?」というテーマでは、メンバーがそれぞれお気に入りの楽曲を紹介。まず、みんなが「良かったよね」と口を揃えて絶賛したのがA Boogie(エイ・ブギー)のニューバルバム『Artist 2.0』だ。続いてDaBaby(ダベイビー)にも「キテるね」と高い評価が集まった。

その他、Migos(ミーゴス)とTravis Scott(トラヴィス・スコット)、Young Thug(ヤング・サグ)がコラボした新曲「Give No Fxk」や、YoungBoyが次にリリースしようとしている新作アルバムなどが注目作として挙げられた。

一方、リスナーからのWARをリリースしたBenjazzyに「ASAP Ferg(エイサップ・ファーグ)とかPop Smoke(ポップ・スモーク)などああいう感じの曲好きですか?」といった質問も。Benjazzyは「好きっていうか、サウンド感だよね。UKドリルだったりブルックリンドリルだったり。そういうのをやりたいなっていうだけです」と回答すると、「Pop Smokeは本当かっこいい」と同意するメンバー。

BAD HOP/YouTube

パリから招待を受けて先日渡仏してきたという一部のメンバーはPop Smokeについて、現地でかなりの盛り上がりを見せていたライブの様子や、彼の曲がパリのクラブで一番かかっていたことなど、その人気の高さに言及。「(Pop Smokeの曲は)iPhoneとかで聴いてるぶんにはアレなんだけど、クラブで聴くとめちゃくちゃ合うよね。あれ何なんだろ」「しかも海外のクラブって何でもありじゃん、規制ないじゃん。だからそういったところで聴くとさ、ブチ上がりだよね」と絶賛した。

だが、この「リバトーク」が放送されてまもなく、Pop Smokeは現地時間2月19日の早朝にロサンゼルスの自宅に侵入してきた数名の男による凶弾に倒れた。享年20歳という、ヒップホップ界の若き才能の早すぎる死に、心より冥福を祈りたい。

BAD HOPは3月1日に神奈川・横浜アリーナで行う予定だったワンマンライブ「BAD HOP WORLD 2020」の開催が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて見送られることとなった。
通常の公演は中止となったが、「いくら借金を負ってでも、無観客でもいいからライブを届けたい」という熱い想いから3月1日に横浜アリーナで本番同様のステージセットでライブを行い、YouTubeで生配信を行う。

BAD HOP/YouTube
TAGS