BAD HOP、3rdアルバム発売を示唆 T-Pablow、Benjazzyのソロも

BAD HOPが、2月16日(日)にヒップホップ専門ラジオ局・WREPにて、「BADHOP 『リバトーク』2時間スペシャル」の緊急生放送を行った。BAD HOPが「リバトーク」をオンエアするのは9ヶ月ぶりのこと。

2020年のテーマとして“BAD HOP WORLD”を掲げ、「みんなにどうやったら楽しんでもらえるか」という観点のもと、今年のスケジュールをすべて決めているという彼ら。制作済みでストックしている楽曲も、すでに100曲近くにのぼるという。

YZERRは「みんなまとまった作品そろそろ聴きたいと思ってるんじゃないですかね?」と前振りすると、年内にBAD HOP名義での3rdアルバムのリリースを予定していることを明かした。どのタイミングでアルバムをドロップするかも、すでに決まっているという。

BenjazzyやT-Pablowのソロ作品も着々と準備が進んでいるようで、2020年はBAD HOPから目が離せない1年となりそうだ。

BAD HOPは3月1日に神奈川・横浜アリーナで行う予定だったワンマンライブ「BAD HOP WORLD 2020」の開催が新型コロナウイルスの感染拡大を受けて見送られることとなった。
通常の公演は中止となったが、「いくら借金を負ってでも、無観客でもいいからライブを届けたい」という熱い想いから3月1日に横浜アリーナで本番同様のステージセットでライブを行い、YouTubeで生配信を行う。

BAD HOP/YouTube
TAGS