韓国映画界を代表する役者が楽しめる 是枝監督最新作『ベイビー・ブローカー』

<赤ちゃんポスト>をきっかけに出会った赤ん坊の母親、ベイビー・ブローカーの男たち、そして彼らを現行犯逮しようと静かに追いかける刑事。彼らが絡み合いながら繰り広げる、一風変わった旅路を描く是枝裕和監督の最新作『ベイビー・ブローカー』が、6月24日(金)より全国公開される。

YouTube

「第75回カンヌ国際映画祭」(5月17日~5月28日)【コンペティション部門】への正式出品決定でも話題を呼んでいる本作。カンヌ国際映画祭で是枝監督作品が【コンペティション部門】に選出されるのは、最高賞のパルムドールを受賞した2018年の『万引き家族』以来4年ぶり、6回目(同映画祭への出品自体は8回目)となる。また本作は、韓国の製作・俳優陣と長年温めてきたオリジナル企画を映画化した是枝監督初の韓国映画となり、主演を務めるのは、2020年「アカデミー賞」【作品賞】を受賞した『パラサイト 半地下の家族』のソン・ガンホ。

長い年月を重ねながら企画をあたためてきた是枝監督が韓国を舞台に描き出すのは、<赤ちゃんポスト>をきっかけに出会った、赤ん坊の母親のソヨン(イ・ジウン)、ベイビー・ブローカーのサンヒョン(ソン・ガンホ)、相棒のドンス(カン・ドンウォン)、そして彼らを現行犯逮しようと追いかける刑事のスジン(ペ・ドゥナ)と後輩のイ刑事(イ・ジュヨン)といった様々な事情を持った登場人物たちの物語。

「一人の赤ちゃんを中心にして、血縁ではつながっていない人々が旅を通して家族を形成するという話です」と是枝監督が説明する本作の脚本を読んだペ・ドゥナは「是枝監督らしいシナリオだと思いました」を笑顔で語り、イ・ジウン(IU)は「監督の想像がどう現実になるか、私がそこにいたらどんな姿に見えるかなと…」と目を輝かせ、カン・ドンウォンは「家族の物語をブローカーを通して語るのは新しい視点で面白かったです」、さらにソン・ガンホは「人間についての物語。人間が持っている尊い感情を表現した映画」と是枝監督が独自の眼差しで登場人物の感情を紡ぐストーリーに感銘を受けたようにコメントしている。

先日韓国で開催されたイベントでも、“韓国映画界の宝物のような役者さんたち”と評したように、キャスト陣に絶大な信頼を置いている是枝監督だが、本映像でも「役者を楽しめる映画だと思いますのでそこを堪能してください」と太鼓判!最後はカン・ドンウォンの「心を込めて撮影しました」、イ・ジウンの「皆さんにこの想いが届くと嬉しいです」、ソン・ガンホの「深い井戸の水のように澄んで美しい作品の世界に出会えると思います。ぜひ観てください」といった想いがつまったメッセージとともに締めくくられる。

是枝監督が一流の韓国キャスト&スタッフとともに、<赤ちゃんポスト>を巡る人々の一風変わった旅路を描く『ベイビー・ブローカー』は、6月24日(金)より全国公開。

©︎2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

TAGS