イタズラか、プロの殺し屋か? 金正男を暗殺した女性の闇と真相に迫る

世界が衝撃を受けたあの歴史的暗殺事件の闇と真相に迫った驚愕のドキュメンタリー映画『わたしは金正男を殺してない』が10月10日(土)より公開される。

2017年2月、マレーシアのクアラルンプール国際空港で一人の男が突然倒れた。神経猛毒剤“VX”を顔に塗られて殺された男は、北朝鮮・朝鮮労働党委員長、金正恩の実兄・金正男(キム・ジョンナム)。彼を殺したのはベトナム人とインドネシア人の二人の若い普通の女性だった。しかも白昼堂々と行われたこの暗殺の一部始終は空港の監視カメラにすべて納められ、そのまるでいたずらのような“ドッキリ”映像は世界を駆け巡ることとなる―。

見事なまでに白昼堂々と行われたこの歴史的暗殺事件。その映像には、後ろからふたりの若い女性が近づき、両手で金正男の目を覆う姿が確認され、女性ふたりに猛毒の神経剤“VX”を塗られた金正男の姿が映っていた。よろめきながらその場を立ち去った金正男は、その後1時間もしないうちに死亡が確認される…。

衝撃的な暗殺事件として世界を騒がせたが、しばらくして明らかになった情報はさらに信じられないものだった。金正男を殺害したふたりの女性は「私は日本のテレビ局のためのいたずら動画を撮るために雇われただけで、雇い主の目的は一切知らなかった」とそれぞれに主張したが、マレーシア政府は女性たちの主張を一蹴、ふたりを逮捕して拘置、殺人罪で起訴。有罪になった場合、死刑が適用される。女性たちの驚くべき主張は事実なのだろうか?

彼女たちの言葉を信じる者はいるのだろうか?なぜ彼女たちは北朝鮮の重要人物を暗殺したのか?そもそも彼女たちはプロの殺し屋なのか?それとも、暗殺者へと巧みに仕立てあげられただけなのか?巨大な国を相手に彼女たちの無罪を信じ、証拠を積み上げていく弁護団の渾身の調査で分かってきたのは、それまで犯罪とは一切無縁だった貧しいふたりが「有名になりたい」「お金が欲しい」とそれぞれの人生を夢見ていた時、そこに付け込んでSNSを通して巧妙に罠をしかけてきた北朝鮮の工作員たちの姿だった…。

監督は、ホロコーストの生存者であり、アメリカで最も有名なセックスセラピストであるドクター・ルースの人生に迫るドキュメンタリー『おしえて!ドクター・ルース』(2019)や、サンダンス映画祭で監督賞を受賞、アカデミー長編ドキュメンタリー映画賞には最終選考まで残り、エミー賞にもノミネートされた『ジェンダー・マリアージュ ~全米を揺るがした同性婚裁判~』(2014/共同監督:ベン・コトナー)で、カリフォルニア州で結婚を男女間に限定する法律、通称「提案8号」を憲法違反だとして、州を相手に起こした裁判の舞台裏を5年以上にわたって追いかけた作品などで知られる、ドキュメンタリーの気鋭・ライアン・ホワイト。
本作では、謎に包まれた北朝鮮の都市・平壌や逮捕された二人の故郷であるインドネシアやベトナム、そして裁判の行われているクアラルンプールの法廷を飛びまわり、公然と行われた殺人と、命をかけて戦うふたりの女性の信じられないような事実と驚くべき物語を映し出している。

ポスタービジュアルは、暗殺の容疑者として逮捕されたふたりの女性シティ・アイシャ(左)とドアン・ティ・フォン(右)のマグショット(※逮捕時に撮影される人物写真)をモチーフにしている。

『わたしは金正男を殺してない』は、10月10日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

©︎Backstory, LLC. All Rights Reserved.

TAGS