韓国の本気!ディザスター映画もヤバい 白頭山が大噴火したら朝鮮半島はどうなるのか?

イ・ビョンホン、ハ・ジョンウ、そして、マ・ドンソクという韓国最高の俳優陣が豪華共演を果たし、韓国で観客動員数820万人超えの大ヒットを記録した『白頭山大噴火(原題:白頭山)』が、2021年夏に日本公開されることが決定した。

北朝鮮と中国の国境付近に位置し、朝鮮半島で最も高く、1000年に一度大噴火を起こすと言われる実在する山、白頭山がもし大規模噴火を起こしたら一体、朝鮮半島はどうなってしまうのか?そんな大胆な発想で描いた韓国映画初の本格ディザスター・ムービーが誕生した。

愛する家族を守るため、北朝鮮へ潜入し命がけの任務に就く韓国軍爆発物処理班チョ・インチャンを演じるのは、『神と共に』シリーズなど、いまや韓国きっての大ヒットメーカーであるハ・ジョンウ。そして作戦のカギを握る工作員リ・ジュンピョンには、韓国はもちろん世界で活躍するイ・ビョンホンが扮し、デビュー以来初めての北朝鮮側の人物を存在感たっぷりに演じる。また、大噴火を予見する地質学者カンには、『新感染 ファイナル・エクスプレス』で日本でも大ブレークしたマ・ドンソク。さらに、『名もなき野良犬の輪舞』などで卓越した演技力を発揮するチョン・ヘジン、『建築学概論』が日本でも大ヒットした元missAのペ・スジなど演技派俳優が集結。

監督は『彼とわたしの漂流日記』のイ・ヘジュンと『神と共に』シリーズの撮影監督を務めたキム・ビョンソがタッグを組み、物語の深さに加え、リアリティある映像を実現した。そして制作には『パラサイト 半地下の家族』、『神と共に』シリーズを始め革新的な技術力で数々の傑作を生みだしている、デクスタースタジオが参加し話題を呼んだ。

いま考えられる、韓国最高峰のキャストとスタッフが夢のコラボレーションを果たした、いまだかつてないブロックバスター・ムービーが2021年夏、日本を席巻する。

YouTube

©︎2019 CJ ENM CORPORATION, DEXTER STUDIOS & DEXTER PICTURES ALL RIGHTS RESERVED

TAGS