死闘&男気リベンジマッチ 朝倉未来、引退覚悟していた

朝倉未来がリベンジの一戦を前に引退を覚悟していたことを告白した。

朝倉未来 Mikuru Asakura/YouTube

朝倉は12月31日、さいたまスーパーアリーナで開催された『Yogibo presents RIZIN.33』で斎藤裕とのリベンジマッチに勝利。自身のYouTubeチャンネルで心境を吐露した。

「大みそか、やりましたね」と満足げに切り出した朝倉は「オファーの期間も短かくて。減量幅もすごく多かった」と、準備期間の短さは懸念事項だったと振り返る。

「なにより斎藤選手には去年負けてるので。二度負けたらもう、格闘家として引退しようかなとか思ってるぐらい追いつめられていたので、本当に勝ててほっとしました」と、背水の陣で挑んでいたことを告白した。

さらに朝倉は「体重が落とせなかったらヤバいなという悪夢とかも見た」とも吐露。しかし、リスクのあるなかで挑戦したことについては結果を含め満足している様子で「いまの若者とかも特に。だけど挑戦したら得るものもあるので、みなさんどんどん挑戦していってもらいたい」と視聴者に語り掛けていた。

「斎藤選手にも伝えたい」と続けた朝倉は「1か月もない期間で試合を受けてもらった。減量ももちろん大変だったろうし、傷も完全に癒えてないような状態で出てきたと思うので、そこは本当に漢気に感謝ですね」と、ともに格闘技で日本を盛り上げてくれたライバルにリスペクトを贈っていた。

TAGS