朝倉未来の顔面にパンチを当てる事はできるのか?

朝倉未来のYouTubeチャンネルで、動画「朝倉未来が殴られ屋やってみた」が公開。未来が人生初の「よけるだけ」の技術に挑戦した。

朝倉未来 Mikuru Asakura/YouTube

攻撃が当たらない“殴られ屋”として活動中のKENJIとガチンコ対決をしたことを受けて、未来のチャンネルをともに作るメンバーが「未来ならばできるのでは?」と考えて実現。

未来は「メンバーが俺を殴りたいということで、危ない奴らだよ」とボヤきながらも、得意とする距離を取るディフェンスを駆使して検証に参加。チャンネルのメンバーであるたくま、続いて吉田、最後に総合格闘家の佐々木の3人が、未来を相手に30秒ずつ顔面のみの攻撃を当てられるか挑戦することに。

たくまは距離を取る未来を必死に追いかけながらパンチを放つが、未来は上半身を動かして華麗に回避。一発も当たることなく30秒が終わり、たくまは「速い、めっちゃ動かされる!」とさじを投げた。

続いて登場した吉田は「当てれるのは多分、2発ぐらい」としながらも「思いっきり入ることはない」と、なんとかグローブを当てるところまではいきたいとコメント。何度か肉薄した状態で攻撃したものの、ガードの上から当てるのがやっとだった。

最後に挑戦した佐々木がフェイントも織り交ぜながら乱打を浴びせると、さすがの未来も被弾してしまう。猛烈なラッシュを相手に、終了のブザーが鳴ると未来は思わず「疲れる!」と吐露。「2、3発は当たったね」と、攻撃を浴びたことを認めた。

チャレンジが終わって完全に消耗した未来。殴られ屋KENJIはメンバー3人と未来の計4人と続けて対戦しており、未来の攻撃は被弾したものの3人の攻撃はよけきっていたことから、たくまは「やっぱりすごいですね、殴られ屋さん」とKENJIの実力にあらためて驚いていた。

未来は「距離ではずすほうが疲れる、最後らへんはわかってきたけどね」と、今回の挑戦で至近距離での攻撃のよけ方のコツをつかんだことを明かした。

TAGS