“冷静な喧嘩屋” 朝倉未来が本能で打ってるヤバいパンチとは?

RIZINで7戦連続勝利という圧倒的な記録を持つ朝倉未来と、ボクシングWBA世界ライトフライ級スーパー王者・京口紘人という、格闘界を牽引する同年代2人のスパーリングを渡嘉敷勝男が解説した。

「渡嘉敷勝男公式」トカちゃんねる/YouTube

まず、未来のミット打ちを観た渡嘉敷は「ボクサーとしてはガードが下がりすぎるけど、総合の選手としてものすごく早くてキレのいいパンチ」と評価して、「右のカウンターは最高だよね、あれを食らったら倒れる」と、特に右のカウンターに太鼓判を押した。

スパーリングについては、軽量級の現役チャンピオンである京口のスピードに未来がついていけるのかがポイントになったが、渡嘉敷は「意外についていっている、未来チャンピオンもスピードはあるよね。タイミングもいい」と、ある程度の対応ができていると解説。

「足を入れ替えて、いろいろなことを取り入れている」「左右のアッパーを打つ」といったスイッチングの技術にも注目して、「ボクシングを真剣にやったら絶対に強くなるな」と、未来のボクシングセンスを高く評価した。

さらに「リスペクトしあっているから観ていても気持ちいい」と、両者の人間性についても絶賛すると、未来について「格闘技にもボクシング界にもなにか貢献してくれたらいいですよね」と期待を寄せて、最後に「ボクシング界と仲よくしましょう」と呼び掛けていた。

TAGS