「マジでダサい」 朝倉未来、ネット上のアンチコメントを一刀両断

朝倉未来のYouTube公式チャンネルで「アンチコメントに反論してみた」が公開され、世にはびこるアンチコメントを切り捨てた。

ふわっとmikuruチャンネル/YouTube

未来はネット上のコメントについて「日本の悪い風習」とバッサリ。目に見えたものでしか判断できないタイプで「応用力がまったくなさそうな人たちだな」と分析した。

また将棋の藤井聡太棋聖に対して、コラボ出演オファーをしたことによって出た「知名度を利用しようとすることがセコい」という声については、「あなたたちはそもそもオファーを出せない人間なんだから黙っとけ」と言い放つと、「興味がある人にオファーを出しただけ」と説明した。

また、弟の海が堀口恭司と試合をすることになった際、世の中から大ブーイングを浴びたことについても振り返った未来。自身はそもそも勝算があったとして、海が勝利したあとに世論が手のひら返しをしたことについて「恥ずかしい行動」だと断じた。

未来は「あたかも当事者みたいな感じで意見をしているやつはマジでダサい」と言い放つと、誹謗中傷について「噂話でイジメに加担している」「見えないところから石を投げている」と表現。「物事を発言するときは責任を持って、自分で全てを知ったときに発言をしてもらいたい」と訴えかけた。

最後に未来はアンチコメントについて「誰も耳を傾けませんよ」と言い切ると「悔しければ発言権を持って。名もない人が同じ土俵に立っちゃだめ」と締めくくっていた。

TAGS