もらったら死ぬパンチ 朝倉未来、元世界王者のボクシング技術を習得

朝倉未来が元ボクシング世界チャンピオンの渡嘉敷勝男、竹原慎二、畑山隆則からボクシング技術を伝授される様子が公開された。

YouTube

3人が未来にボクシング技術をレクチャーし、そのポテンシャルを大絶賛。ボクサー転向まで勧める中で、未来が「なにか悪いところは?」と質問。

畑山は「果たしてボクサーの動きについていくのが、総合にとっていいことなのかというと、我々じゃわからない」と、単純にボクシング技術を学ぶことが総合の選手にとってプラスにならない可能性があることに言及しつつ、「“瞬時のときにしっかりしたパンチを打てるように”っていう練習はしておいたほうが間違いない」と、パンチ単体の質を磨くことを推奨。竹原も「強・弱の弱がない、ほとんど強なんでやっぱり捨てパンチとかね」と、緩急をつけた攻撃を提案した。

フロイド・メイウェザーとの一戦を望んでいる未来だが、渡嘉敷は「そのときの対策は習いに来たほうがいい」と勧め、サウスポースタイルでも戦える未来に「あんまり外国人にサウスポーはいないから、サウスポーに弱いチャンピオンって結構いるんだよ」と、その優位性を伝えていた。

また、竹原が「スパーリングやってぶっ倒しちゃってよ」と、未来と渡嘉敷のスパーリングを提案すると、渡嘉敷は「あのパンチもらったら死ぬよ!?」とコメント。もともとはスパーリングをする気満々だったそうだが、WBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人とのスパーリング動画を観て、「あ、これ俺が出たら恥かく」と思ったことを明かし、笑いを誘っていた。

TAGS