「世界王者になれる」「メイウェザーに当てられるかも」 朝倉未来のボクサーとしての才能

渡嘉敷勝男、竹原慎二、畑山隆則の3人と朝倉未来とのYouTubeコラボ企画で、未来のパワフルなパンチを実際にミットで受けた元WBA世界ライトフライ級王者・渡嘉敷が未来のボクサーとしての才能について熱く語った。

「渡嘉敷勝男公式」トカちゃんねる/YouTube

未来の人柄について渡嘉敷は、「段々とみんな親しくなって、好感を持っていたので(呼び方が)未来君とか、畑山なんか『未来ちゃん』とか呼んでましたけど(笑)。それぐらい親しみのわく、最高に好感度のある好青年でした」とベタ褒め。そして「とにかくボクシングセンスがあるんですよ」と、ボクサーとしての才能にも惚れ込んでいる様子で、「格闘技のセンスもあるんですけども、それ以上にボクシングのセンスのほうが、私はあると思います」とコメントした。

特に右フックのカウンターに驚いたそうで、日本で60人ほどいる歴代世界チャンピオンのなかで同様の技術を持つのは、10回の防衛を記録した長谷川穂積と日本初の世界統一チャンピオンの渡辺二郎の2人だけだと語り、「世界戦でも通用します」と明言した。しかし、ボクサーになるためには練習量を増やす必要があると指摘。毎朝1時間、20キロのランニングをして体力をつけるべきだとして、「世界の練習をしなくてここまできているんだから、世界の練習をしたら世界チャンピオンになりますよ。才能はバツグン!」と、体力をつけることでさらに実力が向上するだろうと熱く語った。

ミット打ちについては「ボクシングを習ってなくてあれだけ打ち方がよくて、あれだけパワーがある。すごいことですよね、キレもある」と絶賛。パンチの打ち方を習えばさらにパワーとスピードがつくとして、「ボクシングを専門に習えば世界チャンピオンになれます」と、あらためて太鼓判を押した。

また、海外ではサウスポーのボクサーが少ないとして、未来が対戦を望むフロイド・メイウェザーが相手だとしても、「あの右フックなら当たるかもしれない」とコメントする場面もあった。

以前から動画を観るなどして未来の分析をしてきた渡嘉敷だが、実際にパンチを受けることで「思ったより全然いい。思ったより才能がある」と、より一層評価が上がったそうだ。「熱く語りましたけど、いかに未来君に期待をかけているかというところです。私も竹原君も畑山君もみんなそう思っていますから。すごく教えたい選手ですよ、すごくセンスがある選手」と目を輝かせた。

最後は「これからも試合を楽しみにしています。これからも追いかけて見ていきますよ!」とエールを送りながら、「ぜひ、ボクシングに転向したときは渡嘉敷ジムへ」と付け加えていた。

TAGS