朝倉未来の喧嘩パンチの破壊力がエグい 伝説の元世界王者達がドン引き

朝倉未来が元ボクシング世界チャンピオンの渡嘉敷勝男、竹原慎二、畑山隆則からボクシング技術を伝授される様子が公開された。

朝倉未来 Mikuru Asakura/YouTube

「ヤバいですね。ボクシングの世界チャンピオン3人から教えてもらえるんですよ? こんな待遇あります?」と興奮を隠せない未来は、この日のためにボクシンググローブとシューズを購入したそうだ。

ジムでは渡嘉敷たちが拍手で歓迎。未来が着替えを済ませると、まずはサンドバッグ打ちを披露することに。パンチするたびに大きく揺れるサンドバッグに、竹原は「パワーあるね」と驚き、渡嘉敷と畑山も「すごいな!」「イメージよりすごいね」と高評価だった。続いて、渡嘉敷がミット打ちを受けることに。こちらも破壊力抜群で、渡嘉敷と竹原は「ボクサーに転向したほうがいい!」と大興奮。また、ミットが吹っ飛ばされる場面もあり、ミット打ちが終わったあとの渡嘉敷の手は真っ赤になっていた。

中盤からは、いよいよ3人が未来にボクシング技術をレクチャー。まずは畑山が左ストレートのコツについて「腕をひねってねじ込むイメージ」で打つことや、「肩を回すことを意識すると腰が入る」とアドバイスした。竹原が「腰を使うことでよりパワーが発揮できる」と解説していると、畑山が「いいこと言うねえ、(ボクシングを)やってたの?」と笑いを誘う場面もあった。

渡嘉敷はガードした力を利用して相手に反撃する技術や、「左のボディを打つのが上手いから、きれいに脇を締めて打つ」と、実戦的なパンチの打ち方を指南。撮影中、未来の才能にほれ込んだ渡嘉敷は「4団体のチャンピオンとやればいい」と言い放ち、「ボクシングを習わないでこんなに上手いんだから、習ったらすごいよ」と褒めちぎった。

TAGS