サーバーも破壊! 朝倉未来、喧嘩マッチを振り返る

朝倉未来は2021年10月2日(土)に開催された『RIZIN LANDMARK vol.1』のメインマッチで萩原京平と対戦。フルラウンドを戦い、未来が寝技で萩原を完封して3-0の判定勝利となった。
未来は自身のYouTubeチャンネルで公開した動画で試合を振り返った。

試合を終え、ダメージを負った箇所は蹴って痛めた足ぐらいだと語った未来は「思ったよりは楽な試合になった」としながらも、試合が注目されたのは萩原のおかげだったと感謝した。

萩原について「本当にケンカが強いタイプというか、メンタル強いタイプ」と評価すると「実力がもうちょっとついてきたら本当にスターになるかもしれないですね。2、3年後とかにね」とエールを贈る。

彼の人間性について「冷静」ではなく「冷酷」だと分析した未来は「まあでも、似た“匂い”を感じましたよ」と語ると、今回の会場の雰囲気について「昔の地下格みたいな感じ」とコメント。萩原もそうだが、自分自身もTHE OUTSIDER出場以前に地下格闘技の経験があることから、かつての記憶が呼び起こされた様子だった。

グラウンドで萩原を圧倒した未来だったが、まだまだ技術的には課題が残ると冷静に語ると「次はリベンジに向けていきたい。よりきつい練習でもしていきますか」と、年末の試合に向けて改めて闘志を燃やしていた。

TAGS