“路上の伝説” 朝倉未来は、なぜ喧嘩無敗なのか?

大沢ケンジが運営するYouTubeチャンネルで「【朝倉未来VSコナー・マクレガー】チュート福田と勝敗予想!もしも2人が戦ったら勝つのはどっち!?妄想ドリームマッチ!【堀口恭司VSヘンリー・セフード】」が公開され、大沢とチュートリアル・福田充徳が「観てみたい!」と願うマッチメイクについて、熱い妄想トークを繰り広げた。

大沢ケンジ / Kenji Osawa/YouTube

大沢は「朝倉未来は日本のマクレガー。だって本当に言ったことをどんどん実現していくじゃないですか」と、未来が有言実行の男だと解説。YouTuberとしての活躍も含めて「メッチャ稼いでますよ!」と語ると、福田は「それで言うとマクレガーはエゲつなく稼いでいる。マクレガーもどんどん実現させている」と、生活保護から成り上がったマクレガーもすごいと熱弁を振るった。

大沢は「普通にこの勝負、今の段階でいったらマクレガーだと思う」と、現状ではマクレガーが格上だとしながらも「だけど『未来はあるぞ』と思うんですよ」と、未来にも勝利の可能性はあると言及。福田は「オッズは圧倒的にマクレガーでしょうから」と、下馬評では大差がつくと予想。

すると大沢は「たとえば100回に1回未来が勝てるとして、その1回を持ってくる可能性がある」と、未来が“持っている男”だからこそ勝利を引き寄せられると予想した。

また、精神面について大沢は「マクレガーって(心が)折れるじゃないですか。でも未来がすごいのが“喧嘩無敗”なんですよ。『なんで喧嘩無敗なの?』って聞いたら、『喧嘩は負けを認めなければ負けじゃないんです。僕はずっと立ち上がるので、立ち上がっていくと大体相手はやめるんですよ』って。その根性ヤバくないですか?」と、未来に軍配を挙げた。

大沢は未来の成長ぶりがわかるエピソードとして、元UFCファイターの金原正徳とのスパーリングの一場面を振り返る。金原の打撃の強さはすさまじく、大沢のジムに所属する上迫博仁を含め、多くの選手がスパーリングで倒されてきた。弟の朝倉海も金原とのスパーリングで眼窩底骨折のケガを負い、昨年の「RIZIN」の欠場を余儀なくされた。

未来はそんな金原とスパーリングをした際に、「最初のころ、未来はやられるんですけど、引かないんですよ。『スゲーな』と思ったんですよ。途中ぐらいからはけっこう。僕は金原を“亀”(=追い込んでガードを固めさせる)にさせたやつを見たことがなかったんですけど、1回未来は金ちゃんを“亀”にさせて『おおー!』って思いましたからね」と、剛腕相手に一歩も引かなかったという。

「多分マクレガーのパンチからも目をそらさないと思うんですよね」と予想する大沢は、さらに未来の冷静な試合運びについても「未来は(ジョン・)マカパとやったとき、何度もフラッシュダウンさせているのにいかなかった。あいつはすごく手堅いんですよ。メッチャ頭がいい」と、リスクを減らす戦い方もポイントだと解説した。

大沢は「マクレガー有利は変わらないけど、僕は『みなさんが思うほど簡単な試合じゃないよ』と思います」と予想。「(相手がだれであれ)ストライカーだったらチャンスがある。レスラーだったら嫌」と、打撃を主体にしている選手であれば、未来に勝機があると説明した。

また、福田が「マクレガーじゃなくて、“コリアン・ゾンビ”とかも観たくないですか?」と、UFCで活躍するジョン・チャンソンの名前をあげると、大沢は「あいつも目をそらさない、同じタイプだと思いますよ。観たいっすね」と、興奮気味にコメントする一幕もあった。

最後に「どちらが勝つか」という予想をすることになり、福田と大沢は同時に「マクレガー!」と回答。お互いに「今のところはね」と、未来のさらなる成長に期待を寄せていた。

TAGS