朝倉未来、格闘技を盛り上げる 「強いヤツとどんどんやりたい」

朝倉未来は2019年の大晦日に開催された『RIZIN.20』でジョン・マカパと対戦し、3-0の判定勝利。自身が運営するYouTubeチャンネルで動画を公開し、試合について語った。

朝倉未来 Mikuru Asakura/YouTube

試合について「オレ的にはあんまり緊張しなかった」と語る未来は、入場前のステージに立った瞬間には「やるぜ」とすでにスイッチを入れていたという。落ち着いた状況の中、相手の動きを遅く感じていたそうで「セコンドの声も全部聞こえてるし、集中力もめちゃめちゃ上がっとるから、練習のときよりもスローモーションに感じる」と試合を振り返った。

テイクダウンを次々と捌いたことについては「ディフェンスが強いから、そこはあんまり心配していなかった」としながらも、相手が柔術の黒帯ということで「テイクダウンされたら、けっこう面倒くさい。そこは相手のほうが上手いと思うから」と冷静に分析。不用意に攻め込まないようにしつつ、打撃勝負に持ち込んでいたことを明かした。

「プレッシャーを感じないのか?」という質問をよくされるという未来は、初の全国生中継で不安な要素はあったとしながらも、「やらないと成功もない。そのマインドはずっとあって、あとは自分を信じるという感じかな」と、自ら内面を整えてプレッシャーを払拭していたという。

マカパについては「人生で、あんなに打たれ強いヤツは初めて」と振り返る未来。KO級の強打を受けても倒れなかった相手に「あんなに手ごたえがあって倒れんヤツ初めてだから、ビビったね」と本音を吐露した。

「RIZINに出場して6戦全勝ができたのでよかった」と2019年を総括する未来は今後、海外からフェザー級の強敵がやってきた場合には「オレがRIZINの代表として迎え撃ちたい」と、看板選手としての頼もしさを見せた。

マネル・ケイプに敗北した、弟の海については「自分が負けるより悔しい」と語りながらも「彼も強くなってくれると思う」「負けから強くなるタイプ」と、敗戦を乗り越えてさらなる高みに登ってくれることを期待。

最後に未来は「格闘技を盛り上げたい」「強いやつとどんどんやっていきたい」と今後の抱負を掲げていた。

TAGS