「強いヤツとやれるぜ」 “ケンカ番長”朝倉未来、臨戦態勢モード

12月29日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『BELLATOR JAPAN』。5対5のBELLATORとRIZINの全面対抗戦では、大将戦で朝倉未来がジョン・マカパと対戦する。大会を前に朝倉のインタビューが公開された。

「出るのはどっちでもいいかなと思っていたんですよね」と告白した朝倉未来。理由については「まず弟のサポートをしたかった」と、予定されていた朝倉海と堀口恭司の戦いのセコンドにつくことを重要視していたという。しかし、堀口の怪我による欠場で事情が変わったこともあり「逆にRIZINがピンチなんじゃないか」と思ったという朝倉は、「俺が出ないと『誰が盛り上げんの?』って話なので、出ることにしました」と、出場に至った経緯について語った。

最近ではYouTuberとしても人気がある朝倉だが、スタッフが「格闘技に飽きたのか?」と聞くと、「飽きてはいないんですけど、やりたい相手がいなかった」と、ライバルの不在を嘆く。しかし「BELLATORから強い奴が来るんだったら、燃えてきました」と、闘争心をたぎらせた。

記者会見のあとにマカパが強敵だということを知り、「おー強いやつ、久々に適正階級でやれるぜ」と思ったという朝倉。しかし「強いんですけど『結局俺が勝っちゃうでしょ?』みたいな。自分に根拠のない自信を持っているというか、相手が強ければそれまでの練習が激しくなるので、大みそかのリングに立つときは、俺が強くなっているだけという感じになっちゃうんですよね」と、早くも自身の勝利を確信していた。

RIZIN FIGHTING FEDERATION/YouTube

TAGS