“冷静な喧嘩屋” 朝倉未来が語る、総合格闘技で重要なこと

朝倉未来は2019年の大晦日に開催された『RIZIN.20』でジョン・マカパと対戦して判定勝利。YouTubeをはじめ数々のメディアに取り上げられるなど活躍の場を広げる朝倉が、VTRを観ながら試合を振り返った。

RIZIN FIGHTING FEDERATION/YouTube

対戦相手のマカパについては「柔術黒帯っていう所が1番ネック」と、当初より寝技には付き合わずに、打撃を軸に戦うことを決めていたという。しかし、「完全に相手のアゴに入れているんですけど、めちゃめちゃ打たれ強いですよね」と、これまでの試合であればKOを狙えた打撃にマカパが耐えきったことは、想定外だったと明かした。

2ラウンド目には、試合中にも関わらずお互いに笑顔になる場面があったが、朝倉は「“ナイス、ナイス”って言ってくるんですよ、相手が。“ナイスパンチ”とか言って(笑)。面白いやつだなと思って、お互いに楽しんでいましたよね」と、試合自体を楽しんでいたと告白。

試合中盤ではマカパに疲れが出始めたのか、徐々に朝倉の打撃が当たり続けるようになったが、それでもマカパが倒れなかったため、朝倉は「これで倒れないって、どうなっているんですかね? こいつ、マジで」と、苦笑い。しかし結果については「完勝でしたね」と振り返っていた。

朝倉は総合格闘技について「やることが多い分、相手の弱い所で戦うのが得意なんですよ。相手の弱い部分を見つけて、相手の弱い場所で戦うっていう。今回も相手の強い寝技を封じて自分の強い所で勝っているし、練習というよりも、戦法が重要なのかな」と持論を展開。

アメリカの総合格闘技団体<BELLATOR>との対戦については「今後はやりたい」と明かして「そっちのほうがモチベーションが上がるし、多分もっと練習を頑張っちゃうと思う。分析能力があるからこそ“次の相手がこいつなら、もっと練習をしないといけない”って自分でわかる。楽しみですね」と語っていた。

TAGS