乱闘寸前、一触即発の事態に 朝倉未来がケンカに絡まれたら仲間は助けにくるか

朝倉未来が運営するYouTubeチャンネルで「朝倉未来が喧嘩になったら仲間達は助けにくるのか」が公開され、未来が仕掛けたドッキリで乱闘寸前の事態にまで発展してしまう一幕があった。

朝倉未来 Mikuru Asakura/YouTube

この日、未来はゲームアプリ『喧嘩道』のCM撮影のために撮影現場にやってきたが、終了後、急遽ドッキリ企画を思いつき、朝倉兄弟に襲いかかる30人の悪漢役から「リアルに悪人に見える人」を10人ほどピックアップして、仕掛け人として協力してもらうことに。

シナリオは「調子に乗ったYouTuberが集団で襲い掛かり、未来がピンチに。助けに来たターゲットは未来を助けるのか?」というもので、未来のチャンネルにも頻繁に登場する佐々木君と吉田君がターゲットに選ばれた。

「もしもの事態」にならないようにするため、アプリ『喧嘩道』のキャッチフレーズになぞらえて、未来が「喧嘩するなら?」と呼び掛けた場合、すぐに「『喧嘩道』!」と答えて強制終了することも打ち合わせていた。

ドッキリを行うのは、『喧嘩道』のCM撮影に使われた地下駐車場の一角で、未来はまず、佐々木君に「底辺YouTuberに絡まれとって、なんか喧嘩になりそうなんだよね」と電話をかけると、佐々木君は「え、マジっすか」「行けます!」と、大慌てで返事。

実は未来は最近になって、実際にYouTuberに絡まれてスパーリングを挑まれることがあるそうで、「どんな怪我をしても保証取れません」という契約書まで作っており、今回はそれが偶然にも伏線になったのだとか。

佐々木君が駐車場にやってくると、倒れている未来を取り囲んでいた仕掛け人たちは、一斉に「こいよ!」「おら!」とバットを床に叩きつけたりしながら怒号で威嚇。佐々木君が驚きながらも未来を助けようと距離を詰めようとしていたところで、未来の呼びかけで「喧嘩するなら『喧嘩道』!」と、ネタバラシ。

一瞬茫然とした顔をしていた佐々木君は「ガチすぎないっすか?」「ヤバすぎるでしょ。マジでなにかと思ったもん。マジでやられてると思って、半袖で来たっすもん。上着着てる暇もないなと思って」と、慌てて駆け付けたことを明かして、未来は「男気見ましたか? この集団に行くってなかなかできませんから」と、リスペクトを送った。

続いて颯爽とやってきたのは吉田君。は、仕掛け人たちが「おい! てめーおい!」と、威嚇し取り囲むと、さっと手に持っていた荷物を床に置いて…。予想外の緊急事態に発展してしまう。動画をチェックしてみよう。

TAGS