朝倉未来、ネットで攻撃してくる「アンチ」と直接対決

朝倉未来が運営するYouTubeチャンネルで「アンチに対して下手でDMしたら結局応援してますに変わる説を検証してみた」がアップされた。

朝倉未来 Mikuru Asakura/YouTube

未来はSNSやYouTubeのコメント欄などで、特定の対象へ批判的なコメントを繰り返す「アンチ」について、「有名人とかは特に叩かれやすくて、中には世界では自殺しちゃう人とかね」と心無い言葉を投げかける人々を問題視。

自身へのアンチについては、周囲がイエスマンだらけだと息が詰まるとして「否定してくれる人もほしい」と肯定的にとらえているそう。また、直接アンチとして朝倉に意見を述べるような人物は、今までいなかったという。

そして未来は「アンチってなんか、ファンより詳しくね? みたいな」と、アンチを名乗る人たちの中には、朝倉のアウトサイダー時代からの発言などを把握している人物もいることに着目。彼らの心理を探るため、アンチからのDM(ダイレクトメッセージ)に下手で返信をすると、どのようなリアクションがあるのかを検証した。

DMを確認していると「アンチって俺に向けて言ってんのか? ならとことんアンチしてやるよ」 「おい無視すんな」というメッセージを送っている人物がおり、未来は「すみません」と返答。

しばらくすると、上記の人物から、「え、返してくださるんですか!!」という、妙に下手に回ったメッセージが。予想を上回る180度内容が変わったメッセージに、未来も「こんなことある?」と苦笑した。

さらに普段からアンチコメントを繰り返しているユーザーからの「あああああ」という意味不明のDMに「いいいいい」と返したところ「えっマジですか?」という、驚く様子のメッセージも返ってきていた。

検証を一通り終えた未来は、「『アンチは1番のファン説』というのはあながち嘘ではなくて、1番見てくれているということですよね」「アンチに悩まされている人も結構いると思うんですけど、そんなに気にすることはないのかな」と総括。

「この先、よりもっといろいろなSNSとかが出てきてネットに依存をしていくと思うんですけど、結局1番大切にしないといけないのは、現実で自分に関わっている人、というのは、みんな覚えておいてほしいな」と、ネットに惑わされず身近な人を大切にして生きていくべきだと、視聴者に訴えていた。

TAGS