“路上の伝説” 朝倉未来の強さとは? 「殴られ屋」が恐怖を振り返る

“30秒間、顔面のみ殴り放題”というルールのもと相手の攻撃をかわし続け、パンチが当たらない「殴られ屋」として活動中のKENJI。先日行われた朝倉未来とのコラボ企画では、素人のたくま、総合格闘家の佐々木、そして未来の3人を相手に、30秒間パンチをかわし続けられるかという勝負に挑んだ。

キックボクサー時代は世界タイトルに挑戦したこともある格闘経験豊富なKENJIがガチンコ勝負を振り返り、未来の強さを解説した。

殴られ屋KENJI/YouTube

対戦では1発目の攻撃はよけたものの、ジャブを打ったあとの左ストレートをいきなり被弾していた。KENJIは「後ろ足を浮かして前に倒してきている」と、独特な動きで未来がリーチを伸ばしていると解説。「当たらへんはずなのに」という驚きから、焦りの感情が出てしまったと告白した。

未来とKENJIではおよそ10キロの体重差があったことから、ガードの上からでも態勢を崩されたという。その攻撃力には「これ16オンスでホンマによかった、倒れているとこ」と漏らしていた。また、サウスポーからオーソドックスへのスイッチにも苦戦したそうで、「どっちも使いこなせる選手はすげえ強いです」と説明。プロのなかでも上位のファイターが繰り出す技術だと称賛した。

KENJIは未来が「7割ぐらい」の力で戦っていたと推察すると、「朝倉未来選手のなにが強いかと言うと、ひとつはやっぱり当て勘。もうひとつはオーソドックスもサウスポーも使えるのが強み」と解説。「3連戦ではなく、最初から未来が相手だったら?」という質問には「絶対に同じ感じでボコボコにされます」と明言。「自分の知っている、今まで戦ってきた人とは全く違ったので、よけずらかったです」と、未体験の攻撃に翻弄されたことを明かした。

過去の勝負での最高被弾数は4発だったというKENJIは、未来から過去最高の8発のパンチをもらったことを告白。しかし「いい経験させてもらいました、ありがとうございました!」と、謙虚に感謝の言葉を贈っていた。

TAGS