喧嘩師はやはり強い 朝倉未来、パンチと蹴りもヤバかった

レジェンドファイターの魔裟斗が、朝倉未来の世界進出に発破をかけた。

魔裟斗チャンネル/YouTube

魔裟斗はミット打ちで未来に打撃を指導。パンチの威力に笑みを浮かべて「パンチがある、これK-1でやってほしい」と、立ち技でも十分に通用すると太鼓判。ミットをフッ飛ばされた魔裟斗は、K-1の選手とは質が異なるパンチに感心しきりだった。

続いて蹴りを受けた魔裟斗は、今度も「強い」と驚く。「だって練習しないでこれだからね」という発言に、未来は「練習してますよ!」と反論したが、魔裟斗は「遊び程度」だとバッサリ。しかし現状ですでに「全然、ブアカーオ(・ポー.プラムック)より痛い」と、生ける伝説の名前まで飛び出すほどの褒めっぷりだ。

お互いに幼少期に相撲を習っていたこともあり、魔裟斗は実際に組んでみて未来の腰の強さをチェックすると「岩みたいになっているのがわかる」とコメント。その後はファイター魂に火がついたかのように“マジモード”で挑みかかったが、未来を倒すことはできなかった。

未来に海外行きを薦めた魔裟斗は、他にも「俺とKIDがやったみたいに」と、日本でK-1のトップファイターとビッグマッチをやって欲しいとリクエスト。「ここにもいますよ、立ち技でも通用する男が」と、関係者に訴えかけていた。

TAGS