朝倉未来、弟・海の敗戦を分析 「もう一回やったらケイプに勝つ」

朝倉海は2019年の大晦日に開催された『RIZIN.20』で、マネル・ケイプと対戦して敗北。2ラウンドでTKO負けを喫したこのバンタム級タイトルマッチについて、兄である朝倉未来が敗因を分析している。

RIZIN FIGHTING FEDERATION/YouTube

「インターバル中に『とにかく寝技に1回持っていけ』って言っても、また打撃の勝負に持っていっていますよね、パンチで」と振り返る未来。

「ちょっとあるじゃないですか、あいつ。『俺の言ったことを上回ってやろう』『兄貴は寝技に持っていけって言ってるけど、俺はパンチで倒してやる』みたいな。今回はそれが出たのかもしれないですね」と、弟の内面について冷静に分析した。

試合後、未来は「今日は肝心なことを忘れてた。相手の攻撃を全然見られていなかった。意識が自分の攻撃にいきすぎだった」と海を指摘。未来は試合を振り返って「いろんな要因があるんですけど、(マネル・ケイプ戦の以前の)2戦がうまくいきすぎたことによって、自分のボクシング力を過信しすぎたのが敗因です」とキッパリ言い切る。

「総合格闘技じゃなくてボクシングの試合をしていた。マネル・ケイプはボクシングがうまいのに、そこで戦う必要ないでしょ」と指摘すると「僕だったら寝技に持っていきますね」と、勝利のための戦略を語った。

今回は試合前にあまり話し合いをしなかったという未来は、「『1人でもいける』っていう気持ちが出てきているのかもしれないですね」と海について推察していた。しかし、最後に「客観的に見て総合力で行ったら海の方がケイプより上。もう一回やったら勝つと思いますよ」と語った。

TAGS