“路上の伝説” 朝倉未来とはどういう男か? 友人が語る

第2代ストロー級キング・オブ・パンクラシスト、北方大地が運営するYouTubeチャンネルで、「白川dark陸斗 対談EP2 朝倉兄弟と、ライバル達について語る。」が公開され、朝倉兄弟と親交の深い陸斗が兄・未来について語った。

北方 大地KITAKATA DAICHI/YouTube

北方の「朝倉未来とは?」というストレートな質問に、陸斗は「それを聞かれたのは初めて」と、しばし悩みながらも「ぼくから見てですけど、昔から、アウトサイダーのときから変わらない」と回答。交流が始まってから5、6年は経つものの、内面の変化は感じないそうだ。

「ぼくより1つ下なんですけど、昔から変わらない『男気のあるやつ』ですかね。クールな感じなんですけど、違うんです。メッチャ男気がある熱いやつなんです」と続けて、「(一見)すごく冷静で冷たい感じがあるじゃないですか、『そっとしといてよ』みたいな。だけど仲間想い」と、リスペクトを送った。

北方が、「陸斗が知っている彼のギャップみたいなものは?」と問いかけると、陸斗は「言うたら怒られそうやな」と迷いながらも「お酒がメチャメチャ強いんです、ビックリするぐらい強い。ホンマに酔わないんですけど、酔ったらめちゃくちゃ笑うし、けっこうしゃべります(笑)」と、プチ情報を暴露。

「特にYouTuberになってから、すごくしゃべり上手になった」と語る陸斗に、北方が「YouTuberとしての未来をどう思う?」と問いかけると、陸斗は「こればっかりは結果がすべて」と手放しで称賛。北方も「YouTubeに関しては格闘技業界で彼に口出しできる人は、誰もおらん!」と同意した。

また、陸斗は視聴者からの「RIZINで再戦できるなら?」という質問に、「ぼくが実績を残していって、RIZINの主要選手になって、ぼくと未来君の試合が観たいという声が大きくなって、誰もが観たい『世紀の一戦』になって再戦をするなら、メッチャオモロいなと思う」とコメント。

「ぼくも彼も、格闘家はみんなそうですけど、プライベートで仲が良くてもリングに立った時点で、試合になったら『生きるか死ぬか』だからやるしかない」と、ファンが望むのならば「やりたい」と、全力で挑むことを明かしていた。

TAGS