“街の喧嘩みたいだ” 朝倉未来、これが「1分最強の男」を決める戦いだ

格闘家の朝倉未来が自身の公式YouTubeチャンネルで、アマチュアMMA大会『BREAKING DOWN』第0回大会を公開した。

YouTube

未来がアドバイザーを務める『BREAKING DOWN』は、素人同士に1ラウンド1分で対戦してもらい、「1分最強の男」を決めるという格闘技大会だ。

2月25日に開催された今回のイベントは、「第0回大会」と銘打たれ、3試合を1ラウンド1分という暫定ルールで実施。1分間の試合後、3人のジャッジによって勝利を判定する形式をとった。

未来のYouTubeチャンネルで、カメラマン兼演者として知られる“吉田くん”も、この0回大会に参戦。相手はナンパ師YouTuberとして活躍中しているゲンキとなった。なお、ゲンキは格闘技経験者で、プロを目指して練習もしているそうだ。

試合直前の吉田くんとのトークで未来は「最強の素人である吉田くんが打ち砕いてやるかって話よ。プロは甘くないぞって。プロに行く前に俺に勝てずに、どうすんのって話じゃん」と吉田くんを奮起させていた。

未来は、今回の試合形式が、素人にかなり有利に働くものと考えているようで「ぶっちゃけ素人でもプロより強いやつ、出てくる可能性あるんですよ。1分だったら」と強調し、吉田くんも「まあね、あり得るよね」と得意気だった。

記念すべき『BREAKING DOWN 第0回大会』の第1試合に出場した吉田くんは、ゲンキのパンチをもらいつつも冷静に距離をとり、もらった以上の有効打を浴びせ判定勝利。試合を終えた吉田くんは「ただの一般人じゃないなと思った」とコメント。未来はもらったパンチで若干負傷した吉田くんを見て「結構ケガの代償ありますね、男上がったんじゃないの、これで」とイジった。

なお、会場の解説席には、未来の弟・朝倉海の姿もあり、第3試合の筋肉自慢YouTube・ぷろたんとパフェバーの運営責任者・あきおの壮絶な殴り合いを見て「これが理想の戦いじゃないですか? 本当に街のケンカみたいでしたね。めちゃくちゃ楽しかったです」と笑顔。未来も同試合を「1分大会の、一番なんか伝えたかったことを体現してれた」と絶賛していたのだった。

『BREAKING DOWN』は2021年5月9日(日)の開催を予定しており、公式ページでは出場者を募集中だ。応募の締め切りは3月17日(水)23:59となっている。

TAGS