「路上の伝説を証明したい」 朝倉未来 “1分最強の男の戦い”に参戦か

7月4日に開催された「1分1ラウンド」の超短期決戦で強者を決める、第1回アマチュア総合格闘技大会『BREAKING DOWN』。スペシャルアドバイザーを務める朝倉未来が大会を総括し、新たな挑戦者の参戦を呼び掛けた。

ABEMA 格闘CH【公式】/YouTube

未来は冒頭で「僕もやってみたいなと思います。『1分間最強の男』という憧れはある。もともと“路上の伝説”とか言われてますけど、ここで証明したい」と、自身の参戦も示唆した。

大会については「こちらが期待したような試合も多かったので大成功だったかな」と満足している様子で、特にメインのの元UFCの菊野克紀対元大相撲力士の野尻和暉の試合を「それこそ『グラップラー刃牙』の世界観を体現したんじゃないか」と評した。

今後については「試合を観て、より『俺も出たい』という人も増えると思いますし、今後『BREAKING DOWN』が広まれば日本に天才が現れてくるかもしれないので、それも楽しみ」と展望を語った未来。

ベストバウトとなった、51歳でKO勝ちをした田中“エーヤンダー”やんぶの活躍にも言及して「年齢関係ないと思う、1分間なので。『俺はまだまだやれる』という方は人生変えるために『第2の青春』じゃないですけど、挑戦してもらいたい」と呼び掛けた。

さらに「若い子は若い子で自分の夢じゃないけど挑戦してもらえたらと思いますので、ぜひ(第2回大会に)応募してもらえたらと思います」と、若い世代にも参加して欲しいと訴え、コメントを締めくくった。

TAGS