再生数でブレない YouTuber格闘家・朝倉未来の流儀

総合格闘技イベント「RIZIN」で7戦連続勝利という圧倒的な記録を持つ総合格闘家・朝倉未来。格闘のみならず、チャンネル登録者数104万人超え(2020年5月11日時点)の人気YouTuberとしての顔も持つ彼が、自身の成功哲学を余すことなく語った書籍が『強者の流儀』(KADOKAWA)だ。

2019年5月から本格的にYouTuberとしての活動を始め、活動1周年を目前にしてチャンネル登録者数100万人を突破するという、YouTuberとしても飛ぶ鳥を落とす勢いの朝倉。街の不良たちにスパーリングを申し込んだり、1人でぼったくりバーに潜入してみたりと、彼にしかできないギリギリの企画が好評で、動画は軒並み数百万回再生を超えている。

中には人気YouTuberとのコラボレーション企画もあるが、本書によるとこれらのコラボはすべて相手からの依頼によって実現したとのことだ。

「コラボ動画については、色々な層に自分のことを知ってもらえるということで、やる意味はあるかなと思っているんですが、逆に自分から依頼して制作したいというほどのものではない」と切り捨てる朝倉だが、その本心は自分のコンテンツ力の強化に真剣に向き合いたいという気持ちから生じているのだそう。

自分のチャンネルを強化し、気心の知れた仲間たちとフットワーク軽く撮影する関係を築き上げていきたい。そのためには、目先の再生数に惑わされてコラボ動画を連発し、本筋を見失いたくないということなのだろう。

朝倉のこうしたチャンネル開設当初からブレない姿勢が功を奏し、現在の人気につながっているのかもしれない。本書には朝倉がYouTuberを始める前に研究したことや、どのような初期投資を行ったかなど活動における裏話も書かれている。これからYouTuberを目指す人にもおススメの1冊だ。

TAGS