30歳までに年収1億円稼ぐ YouTuber格闘家・朝倉未来、今後のビジョン

総合格闘技イベント「RIZIN」で7戦全勝(2020年3月時点)という圧倒的な記録を持つ総合格闘家・朝倉未来。格闘のみならず、チャンネル登録者数99万人超え(2020年4月3日現在)の人気YouTuberとしての顔も持つ彼が、自身の成功哲学を余すことなく語った書籍『強者の流儀』(KADOKAWA)を出版した。

チャンネル登録者数100万人も目前に迫る勢いで人気を増している朝倉のYouTubeチャンネルだが、本書によると彼自身は有名になることにさして興味はないという。それどころか、有名になることによって自由がなくなることを懸念し、「格闘家として積み上げてきた箔みたいなものがなくなってしまう」と、現状を手放しで喜んでいるわけではないという。

それでも格闘技への愛が彼を突き動かし、「この素晴らしい文化をより広い人たちに知ってもらいたい」という一心で活動しているという朝倉。そのためには格闘技ファンのみにリーチするのではなく、“YouTuberとして見栄えするパフォーマンス”を心掛けているとのことだ。

さらに本書では、「30歳までに現役格闘家を引退する」とも明言している。「表に出なくてもお金を稼ぐ方法を確立したら、颯爽と消えたいと思っています」とも語る朝倉は、現在は不動産投資の勉強なども行っているそうだ。「30歳までに年収1億円を稼ぐ」を目標に、ゆくゆくは裏方に回り、格闘技に貢献するビジネスを手掛けるビジョンを持って行動しているとも明かした。

朝倉が30歳の誕生日を迎えるまであと2年。現役の間に朝倉はどれだけの伝説を作り上げるのか、これからも目が離せない。

TAGS