朝倉未来は、なぜ人気YouTuberとして成功できたのか?

総合格闘技イベント「RIZIN」で7戦全勝(2020年3月時点)という圧倒的な記録を持つ総合格闘家・朝倉未来。格闘のみならず、チャンネル登録者数99万人超え(2020年4月3日現在)の人気YouTuberとしての顔も持つ彼が、自身の成功哲学を余すことなく語った書籍『強者の流儀』(KADOKAWA)を出版した。

2019年5月からの活動開始から1年足らずにして、チャンネル登録者数100万人も目前に迫るほどの勢いを持つ朝倉のYouTubeチャンネル。もともとの格闘家としての知名度があったからこそ成功したのだと揶揄する人もいるが、朝倉自身は「もし格闘家じゃなかったとしても、僕はYouTuberとして成功していた自信があります」と本書で断言している。

YouTuberとしての活動も「めちゃめちゃ勉強している」からこそ、現在の自分があると語る朝倉。具体的にはチャンネル登録者数が100万人を超えるようなトップYouTuberの動画を研究することに加え、伸び悩む底辺YouTuberの動画を観て何が敗因なのかを日々研究していたとのこと。

そうした研究を重ねたうえで、自分にしか作れない動画が何なのかを悟ったと語る。“イケる”と判断してからは、動画撮影のための機材を200万円ほどかけて即購入したという。YouTuberとして成功する確信もないのに200万円の投資をすることだけでも驚きだが、なんと1ヶ月後には投資資金を回収しきったというのが恐ろしい。

本書では、仕事や人生のあらゆる局面において“勝つ”ための朝倉流理論が余すところなく書きつづられている。格闘家ならではの研ぎ澄まされた「強者の流儀」を取り入れることに興味があれば、ぜひ一度手に取ってみてはいかがだろうか。

YouTube

TAGS