ザック・スナイダー度100% 大量ゾンビの危険地帯から大金強奪大作戦『アーミー・オブ・ザ・デッド』

ザック・スナイダーが監督・脚本・製作を務める映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』が、5月21日(金)よりNetflixにて全世界独占配信される。

Netflix Japan/YouTube

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのデイヴ・バウティスタや、日本を代表する国際派俳優の真田広之、エラ・パーネルら豪華キャストで贈る本作は、前日譚の物語が描かれる映画作品と、アニメシリーズの製作も進行中の壮大なゾンビ・プロジェクト。

世界各地でゾンビが大量発生し、隔離地帯となったラスベガス。ひとりの男が、とある金庫に眠る究極の一攫千金を狙うべく傭兵集団を結成し、ゾンビだらけの危険地帯へ侵入するという“史上最大の強盗計画”に挑むことに。

公開された映像では、ゾンビの大量発生により変わり果てたカジノや荒廃したラスベガスが描かれており、壮大で緊迫感に満ちた危険な世界の幕開けを感じさせる。一攫千金を狙って危険な地帯へ突入した傭兵たちは一挙に襲い掛かってくるゾンビ集団と対峙。個性的でクセ者ぞろいの傭兵集団vs大量ゾンビの対決の行方は?そして、危険すぎる強盗計画は成功するのか?後半では、画面の全てがゾンビで埋まるほどの衝撃的シーンや、ヘリが真下へ滑空するド迫力シーンも収められており、全カットがクライマックスと見紛うほどの怒涛の映像に期待が高まる。

監督・脚本・製作は、『ドーン・オブ・ザ・デッド』『マン・オブ・スティール』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』などを手掛けてきた奇才ザック・スナイダー。出演は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズで主要メンバーのドラックス役を演じ、『ブレードランナー 2049』や、公開予定の『DUNE/デューン 砂の惑星』にも出演のデイヴ・バウティスタや、『アベンジャーズ/エンドゲーム』出演でも話題をさらった日本を代表する国際派俳優の真田広之をはじめ、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のエラ・パーネル、前日譚映画の監督・主演も務めるマティアス・シュヴァイクホファー、オマリ・ハードウィックら国際色豊かな豪華キャストが集結。また、前日譚アニメシリーズの『アーミー・オブ・ザ・デッド:ロスト・ベガス(原題)』でも、デイヴ、エラらが同役を演じる。

スピーディーかつスリリングなアクション映像に定評があるスナイダー監督は、新たな終末世界をどのように見せてくれるのか…。

TAGS