世界中が注目 Apple『WWDC21』オンライン開催決定

Appleの年次イベントである世界開発者会議『WWDC』が、昨年に続きオンライン形式で開催されることが発表された。期間は6月7日〜11日(現地時間)。

毎年、シリコンバレーに数千人もの人々が集まり開催されていた本イベント。2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で初めてオンラインでの開催となった。オンライン形式で2年目となる今年の『WWDC21』も、すべての開発者が無料で参加でき、Appleのエンジニアたちが、iOS、iPadOS、macOS、watchOS、tvOSの今後について展望を共有する。

『WWDC21』では、基調講演とState of the Unionでの発表のほか、オンラインセッションや1対1ラボでの技術ガイダンスが予定されている。さらに、今回は開発者がAppleのエンジニアやデザイナーと対話して最新のフレームワークやテクノロジーを学ぶことができる新しい方法も用意されているという。

また、コードを実際に動かして楽しみながら学習できる革新的なアプリ「Swift Playgrounds」での作品を通じてコーディングスキルを披露できる、学生を対象とした“Swift Student Challenge”が今年も開催される。参加者は、4月18日までに自身の作品を応募。入賞者には、他では入手できない『WWDC21』のオリジナルジャケットとピンバッジが贈られる。

毎年WWDCで開発者の皆さんに集まっていただき、私たちの最新テクノロジーを学んだり、Appleのエンジニアとつながりを持っていただいたりするのを楽しみにしています。私たちは、『WWDC21』が史上最大かつ最高のイベントになるよう努めており、Appleの開発者の皆さんが私たちの生活、仕事、遊びを変えるアプリケーションを作り出すのを支援するために、新しいツールを提供できることをとても嬉しく思います。
(スーザン・プレスコット/Appleワールドワイドデベロッパリレーションズ、エンタープライズおよびエデュケーションマーケティング担当バイスプレジデント)

『WWDC21』は、2021年6月7日〜11日(現地時間)にオンライン形式で開催予定。

TAGS