Apple、フェイスマスクをデザイン 毎週100万枚出荷予定

新型コロナウイルス感染拡大が進行する状況を受け、Appleのティム・クックCEOは自身のTwitterにて、サプライチェーンを通じて2,000万枚以上のマスクを調達し、必要な場所に寄付していることを明かした。

また、顔全体を覆うことで保護できる医療従事者向けのフェイスシールドを、Appleのプロダクトデザイナーやエンジニア、オペレーション、パッケージングチームが協力し開発していることを発表した。

動画で紹介している透明のフェースシールドは、2分ほどで組み立て可能なシンプルなデザインで、サイズも調節可能。全米の医療関係者や政府と協力して、今週の終わりまでに100万枚以上を出荷し、その後も毎週100万枚を出荷する予定で、今後は国外への出荷も検討しているという。

フェースシールドはすでにカリフォルニア州サンタ・クララ・バレーのカイザー病院で試用され、医師からも好評価を得たようだ。

TAGS