「身体とメンタルは武尊が有利」も、天心が勝つ理由

那須川天心と武尊はいよいよ6月19日(日)にABEMAにて完全独占生中継される格闘技イベント『Yogibo presents THE MATCH 2022』で対戦する。試合に先立ち、総合格闘家の青木真也が2人の一戦について想いを語った。

ABEMA 格闘CH【公式】/YouTube

試合に関するトピックのなかで一番大きかったのは「地上波での放送が無くなったこと」と切り出した青木は、「『次世代のために』『格闘技界のために』ということを考えたものが、那須川天心の今回立ち向かう理由だったと思うんだけど、そこが地上波がなくなったことによって、一気に削がれた」と指摘。

さらに「武尊選手も自分がやってきた証明。思想、信念、主義、主張としてのひとつの大義だと思う。両選手が試合に立ち向かう意味が薄らいでしまった、というのはある」と、両選手の心中をおもんぱかった。

勝敗予想については「武尊を減量させたから天心が有利説」の存在があるとして、そもそも武尊選手のほうがひと回りもふた回りも重く、レオナ・ペタス戦で見せた足腰の強さタフネスもあると解説すると「身体的素質で言うと、絶対的に武尊有利」と言い切った。

さらに「メンタルは武尊選手のほうが気持ちも強い」と、内面的な差についても言及し「闘争心、那須川天心はもしかしたら弱いのかもしれない。すごく危ういところがあると思います。僕に近いと思う。気持ちは弱いと思う」と分析した。

フィジカルとメンタル面両方の予想をした上で青木は、2000年に行われたボクシングの畑山隆則と坂本博之による世界タイトルマッチに触れた。勝利した畑山による「坂本選手は僕よりもパンチがある、僕よりもアゴが強い。だから僕が勝つんですよ」という言葉を引用。

「まさにその通りで。身体的素質も、この状況もすべて含めて武尊選手のほうがいま強いのかもしれない。だから那須川天心が勝つと思う。そのくらい僕は彼を信用しています。信頼している」と、最後は那須川勝利を予想した。

TAGS