「ローグ・ワン」で銀河のために命を捧げた彼はどんな人物なのか… 『キャシアン・アンドー』

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前を描いた『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の5年前、帝国が支配する暗黒の時代を舞台に、反乱軍として立ち上がる名もなき戦士たちの物語を描いたオリジナルドラマシリーズ『キャシアン・アンドー』が、Disney+にて9月21日(水)より独占配信。「スター・ウォーズ」オリジナルドラマシリーズ史上初となる初回3話同時配信が決定した。

ディズニープラス/YouTube

帝国軍が支配する暗黒の時代に、反乱軍として立ち上がる名もなき人々がいた。その中の一人が『ローグ・ワン』でデス・スターの設計図を盗むべく、命がけのミッションに挑んだ情報将校キャシアン・アンドーだ。最新予告では、未だ明らかになっていなかった物語の一端が判明。帝国軍が圧倒的な力で支配する時代、キャシアンは軍人を装い“大義”のために帝国に潜入する。しかし、帝国軍に反旗を翻すべく立ち上がろうとする人々が存在した。映像には、『ローグ・ワン』にも登場した反乱軍の戦士ソウ・ゲレラの姿も。彼の戦いぶりは過激で向こう見ずな一面もあるが、帝国軍を恐れず戦う強い意志がある。そして『ローグ・ワン』にも登場し、『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で初登場した反乱軍の女性リーダーモン・モスマも登場。彼女は映画シリーズやアニメーション作品『スター・ウォーズ 反乱者たち』にも登場し、反乱軍を率いる重要なキャラクターだ。「奴らを油断させれば真の狙いを隠せる」という意味深な台詞もあり、彼女が反乱軍の形成において重要な役割を担うことは間違いないだろう。

キャシアンやソウ・ゲレラ、そしてモン・モスマたちの命がけの戦いが、のちのルークやレイア、ハン・ソロらも協力する反乱軍につながっていく。「スター・ウォーズ」においてずっと描かれてきた反乱軍がいかにして誕生したのか?なぜ、キャシアン・アンドーら名もなき人々が反乱軍として立ち上がったのか?これまで一度も描かれてこなかった真実が今明らかになる。

キャシアン・アンドーが初登場した『ローグ・ワン』は、名もなき人々がデス・スター破壊のために命を懸けたミッションに挑む物語。感動の結末に絶賛の声が絶えず、当時ファンからは史上最も“泣ける”「スター・ウォーズ」と称された。そんな物語を手掛けたトニー・ギルロイが本作でも再び脚本を担当。トニー・ギルロイはマット・デイモン主演の「ボーン・アイデンティティー」シリーズを生み、ハラハラさせるアクションやスリラー要素を盛り込むのが得意な脚本家だ。トニー・ギルロイは本作について、「キャシアン・アンドーは『ローグ・ワン』で銀河のために命を捧げました。彼は自分自身を犠牲にしたのです。そんな彼は一体どういう人物なのか?それを描いたのがこのシリーズです」と語る。

「スター・ウォーズ」の歴史に繋がる新たな物語『キャシアン・アンドー』は、9月21日(水)よりDisney+にて初回3話日米同時配信開始。

©︎2022 Lucasfilm Ltd.

TAGS