リアルで強烈な暴力描写 20世紀最大の問題作『アレックス STRAIGHT CUT』公開決定

鬼才ギャスパー・ノエ監督 × モニカ・ベルッチ主演の衝撃作『アレックス STRAIGHT CUT』が、10月29日(金)より新宿武蔵野館での公開が決定した。

2002年の「第55回カンヌ国際映画祭」最大の衝撃作と喧伝され、公式上映の際にはリアルかつあまりにも強烈な描写の連続に途中退場者が続出。全仏283館で拡大公開されるや否や動員60万人を記録し、イタリア、ベルギー、スイスでも驚愕の動員数を叩き出した映画『アレックス』。

フランスの鬼才ギャスパー・ノエ監督が描く現実にある狂気の世界は、今ではドルチェ&ガッバーナのアンバサダーに抜擢されたことでも話題のモデル、ディーヴァ・カッセルの美し過ぎる母親であるモニカ・ベルッチのイメージからは想像もできないほど過激で凄惨な暴力シーンの描写もあり賛否両論を巻き起こし、「ひっくり返せない、不可逆、取り返しがつかない」を意味するフランス語の原題『Irréversible』が意味するように、時系列を逆から描くという挑戦的な物語構成も当時話題を呼んだ。

日本では、「東京国際ファンタスティック映画祭 2002」のクロージング作品としてお披露目された20世紀最大の問題作にして、まごうことなき傑作『アレックス』が、ギャスパー・ノエ監督自らが時間軸に沿った物語へと再構築して、オリジナルの『アレックス』を超える衝撃を観客に突きつける新たな作品『アレックス STRAIGHT CUT』となり銀幕に蘇る。

「第76回ヴェネツィア国際映画祭」(2019)でワールドプレミア上映された本作は、10月29日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

Photographer : EMILY DE LA HOSSERAY

©︎2020 / STUDIOCANAL – Les Cinémas de la Zone – 120 Films. All rights reserved.

TAGS