マ・ドンソク史上最も危険 韓国最凶暴力映画『悪人伝』 夏に日本上陸

犯罪都市』『無双の鉄拳』『新感染〜』で一躍トップスターに上り詰め、マーベル・シネマティック・ユニバース『エターナルズ(原題)』で世界進出を決めている韓国を代表する名優 マ・ドンソクが主演を務める映画『悪人伝』の日本公開日が、7月17日(金)に決定した。

KIWI MOVIE OFFICIAL/YouTube

日本でも大ヒットを記録した『新感染ファイナル・エクスプレス』(17)、『悪女 /AKUJO』(18)に続き、フランス・カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部⾨の正式上映された『悪人伝』は、カンヌで上映されるやいなや観客たちを熱狂の渦に巻き込み、その勢いのまま本国で劇場公開されると興⾏収⼊ランキング初登場NO.1を記録。
最終的には観客動員数300万⼈を超え、近年の韓国映画界にあってヴァイオレンス・アクション映画としては異例の⼤ヒット、更にはシルヴェスター・スタローン制作によるハリウッド・リメイクまでも決定した。

今回到着したポスタービジュアルは、タイトルの如く“悪人感”溢れるマ・ドンソクといった主要キャストの顔が並び、「極悪組長 × 暴力刑事 VS 無差別殺人鬼」というキャッチコピー、ストーリーを表現している。『チェイサー』(08)、『哭声 コクソン』(17)といった、良質な韓国ヴァイオレンス・アクションに通ずるビジュアルに仕上がった。

主演を務めたマ・ドンソクは、「刑事のようにデータを集め、推理を駆使して犯人を追い詰める。一般的なギャングのボスとはまるで別の1面を見せるキャラクターだ。今まで演じてきた中で最も個性的な役柄と言えるだろうね」と語り、癖のあるキャラクターを演じると明かしてくれた。

凶悪なヤクザのボス、チャン・ドンスがある夜何者かにめった刺しにされる。事件の捜査にあたるのは、署内でも問題刑事として知られるチョン刑事。奇跡的に一命をとりとめたドンスとチョン刑事はともに共闘して犯人を追い詰めることに・・・。

猛毒を以って、猛毒を制す。世界中の映画ファン大注目の“マブリー”ことマ・ドンソクの魅力が炸裂する、韓国ノワール・エンタテインメントの真骨頂をその目に焼き付けろ。

© 2019 KIWI MEDIA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED

TAGS