殺人パンチは想像以上に速い “人間鈍器”木村ミノルの強さの秘密

第32代OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者、第71代日本バンタム級王者の赤穂亮が、K-1の舞台で快進撃を続ける“人間鈍器”こと木村ミノルのボクシング技術を分析した。

スタッフからの「強さの秘密はどこにある?」という質問には、「駆け引きをしている。だってK-1は3ラウンドしかないでしょ? それで大体1ラウンドで倒すんだから、目に見えないような駆け引きをしていると思う」と解説。

赤穂亮のルーTUBE/YouTube

倒してきた対戦相手も決して弱くはなかったと語る赤穂は、「『どうせ倒すんでしょ?』って言われている試合ほど難しいことってない。相手は倒されまいと来るわけで、そこで倒すんだからパンチの技術で言ったら頭一つ抜けているよね」と高く評価した。

木村のパンチの技術について問われると、赤穂は「あれはK-1スタイルのボクシング」と明言して、「あのままボクシングに来ても通用するよねっていうのはちょっと」と、アマチュアのボクサーがプロに転向する際と同じような『仕様変更』が必要だと指摘して、「K-1とボクシングでは競技が違う。だから木村選手のボクシングは、キックボクシングの中のボクシング」だと解説した。

しかし、もし木村と自身が対戦する場合については、事前に映像を観て研究をした場合でも「思っているより速いと思うんだよね。思ったよりもパンチが速くて受けきれないんじゃないかな。『え? 速っ』と思って、ガードしても(倒される)」と想定して、「ハンドスピードが速いよね。それで軸がブレない。あれはもう相当練習をしていると思うよ」と語った。

K-1 【official】YouTube channel/YouTube

TAGS