KO期待されてKOする “殺人パンチ”木村ミノルの強さと魅力

第32代OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者、第71代日本バンタム級王者の赤穂亮が、K-1の舞台で快進撃を続ける“人間鈍器”こと木村ミノルのボクシング技術を分析した。

YouTube

赤穂は「ちょっと前はムラがあって、ここぞというときに倒されてという選手で、ビッグマウスだよね」と、以前の木村の印象についてコメント。しかし数年前に、井上尚弥のスパーリングパートナーに指名されて訪れたジムに木村がいたそうで、「あ、K-1の木村ミノルだ」と赤穂が気付いたところ、木村から丁寧にあいさつをしてくれて「テレビとは違ってすごく好青年だな」と好印象を抱いたという。

戦闘スタイルについては「パンチに偏ったスタイルだよね」と、K-1の中でもパンチへのこだわりが強い選手だとして、「ハードパンチャーで『倒す』と期待されていて倒すじゃん? 相手も木村選手のパンチがあるということを分かっているのに倒すんだから」と、有言実行の攻撃力を評価した。

「パンチ強いもんね、体もすごいしさ。それで階級を上げてチャンピオンになったでしょ? 精神的なムラがあったときよりも、今は相当安定してきた」と、木村の成長についても言及。

さらに、「自信がついてきて、人気もあって、ちょっと打たれ脆い部分もある、だから面白いと思うよ。やっぱりなんでも完ぺきだったら面白くないからね、ちょっとハードパンチャーで打たれ脆いぐらいのほうが人気は出るよね」と、人の心を惹きつける理由も分析した。

YouTube

TAGS