誰にも媚びない、度胸がある… “冷静な喧嘩屋” 朝倉未来は、なぜ特別なのか?

第32代OPBF東洋太平洋スーパーフライ級王者。第71代日本バンタム級王者の赤穂亮のYouTubeチャンネルで、「格闘技界の顔、朝倉未来を語る」が公開され、赤穂が朝倉未来について熱く語った。

『OUTSIDER』を観戦していたという赤穂。地元の同級生に黒石高大や竹井佳惟、先輩には“キング・オブ・アウトサイダー”の吉永啓之輔もいるという。しかしそのころから周囲では「朝倉兄弟は頭一つ抜けてる」という声が多かったそうだ。

赤穂亮のルーTUBE/YouTube

赤穂は未来を「不良あがりだけど、本格派。自分の空気を持っているよね。誰にもこびないし、影響力がある」と評すると、未来が友人たちとYouTubeチャンネルを運営して成功をさせていることについて、「そうやって自分の仲間に仕事を振ってさ、裕福な生活を提供しているわけじゃない? すごいよね」とリスペクトを送った。

未来の強さについては「びっくりしたのは腰が強い。寝かされたの見たことある? タックルが入ったと思っても、転げさせられない」と、下半身の強さについて言及。また、「もらうことを別に怖がってないでしょ。そこの肝の据わり方は、武尊選手と同じものを絶対持っている」と明言した。

しかし、「『いつこの2人ぶつかるんだ?』っていうのがないよね」と、世間が対決を切望するようなライバルが不在なことについても触れた。

昨年の7月に開催された『RIZIN.17』での矢地祐介戦は、未来が66キロ、矢地が70キロでの対戦となったが、「格闘家って、体重制限があってそれが全て」と語る赤穂は、「スゴくない? 4キロですよ?」と、体重差によるハンデをものともせず勝利した未来を絶賛。

「クレバーだよ、勝ちに徹している」と、格闘家としてのスタイルを褒めちぎった赤穂は、YouTuberとしても成功している未来について、「格闘家のYouTuberは朝倉選手の独り勝ちじゃないの? ケタが違うでしょ」と言い切った。

未来のYouTubeをよく見ているという赤穂は、未来がRIZINの事務所に赴き、榊原信行CEOにUFC二階級制覇王者のコナー・マクレガーとの対戦を直談判したことに触れ、「それをやったら盛り上がるよね」と目を輝かせた。フロイド・メイウェザーとの対戦も希望していたことに触れ、「朝倉選手は『勝てないからやらない』っていう、いらないプライドはないわけよ。私生活もファイトスタイルもクレバーだなっていう。要は周りがよく見えている」と解説した。

TAGS