HIP HOP版のLDHくらい大きなものを作りたい|AK-69 × 木村ミノル

天守閣守る尾張の王者ことAK-69が、規格外の名古屋城超配信ライブをパッケージ化したDVD『LIVE:live from Nagoya』を1月27日にリリースする。
名門HIP HOPレーベル<Def Jam Recordings>から昨年リリースされた3rdアルバムとなる『LIVE : live』(ライブ:リブ)は、同郷・名古屋から注目の若手ラッパー¥ellow Bucksをフックアップ。さらにMC TYSON、SWAY、R-指定、IO、ZORN、Eric Bellinger、そしてもちろんDJ RYOWという超豪華な面々を客演ゲストに迎え、AK史上もっとも多彩な作品に仕上がっている。

今回は、格闘技界きってのHIP HOPヘッズとして知られる木村“フィリップ”ミノル氏に参加していただき、AKの真骨頂「LIVE」(ライブ)と、生きること「live」(リブ)をコンセプトに制作された『LIVE : live』について、そしてAK自身を掘り下げるべくインタビューを敢行。いま絶好調のファイター・木村ミノルと、キングでありながらシーンのトップを走り続けるヒップホップアーティストAK-69という、超貴重な組み合わせの対談が実現した。

AK-69 Official Channel/YouTube

ミノル:日本のHIP HOPシーンは今後どうなっていくのか、AKさんの展望が聞きたいです。

AK:日本のHIP HOPって、まだマイノリティーの域を超えてはいないんだけど、世の中的にはHIP HOPは完全に受け入れられるよね。ファッション的にもDiorがStussyだったり、ヴィトンがヴァージル・アブローとか、ストリートから出てきた人たちがこぞってハイブランドのデザイナーになったりコラボしたりしてる中で、HIP HOPもカッコいいもの、おしゃれなものってイメージになってきてる。日本のシーン的にも、BAD HOPが武道館でできるようになったりとかね。俺が武道館で何回か演ることによって、それが当たり前になってきた部分もあると思う。

ミノル:ひとつの目標になってる感じですよね、みんなの。

AK:「あ、できるんだ」っていうね。これから武道館で演るアーティストも増えてくるだろうし。¥ellow Bucksもそうだけど、どんどんそういう若手が大きくなってくる兆しが、やっと出始めた感じだと思うんだよね。だから俺も現役でやってるうちは、ドームっていう現時点では笑われるような大きい目標だけど、それを持ってやっていきたい。もしそれが叶ったらさ、ストリートから出たラッパーでもドームでやれることが証明できるし、またみんなの中で「ドームでやれるんだ!」っていう意識が芽生えるじゃない? 武道館の時もそうだったけど、ドーム公演っていう壮大な規模のものに対して「俺たちもいけるかもしれない」って思わせるきっかけ作りみたいなものは、俺の役目なのかなと思ってる。風穴開けた後をみんなに通ってほしいし、そうなりうる若手が育ち始めてるしね。

ミノル:では最後に、AKさんご自身のリリースを含め今後の展望を教えて下さい。具体的に目指してるところとかって、ありますか?

AK:もちろんドームに向けての次の一手が色々あるんだけど、でも本当にHIP HOPをお茶の間レベルに持ってくっていうことを常に意識したいなと思ってる。ダンサーとかも今、海外でクリス・ブラウンのダンスやってたりする二十歳そこそこのダンサーとかも日本にいるのよ。常にそういう新しい才能に目を向けて、若手を起用していきたい。今回はMVも全曲撮ってるんだけど、その監督もほとんど若い監督たちなんだ。だから芽が出てきた若いアーティストとか、すごくセンスのいい子たちに声をかけて一緒にやってるよ。

AK-69 Official Channel/YouTube

ミノル:新作の展開、楽しみです。

AK:そうやって若い力をどんどん世に出していって、自分の力だけでドームに行くっていうよりは、このシーン自体を耕して暖めて、みんなで行きたい。まあ看板こそ俺が背負ってるけど、本当にみんなの力でドームまで行けるような、そういう大きな絵を描いていきたいなって思ってるね。

ミノル:めちゃくちゃ期待してしまいますね、それは。

AK:で、「早く辞めさせてくれ!」って(笑)。「みんなのためにやってる」って言ったら綺麗ごとになるけど、もちろん自分の成長のためにもやるんだけど、結果やっぱりみんなで“上がってく”ってことにならないと。アメリカじゃ今、一番のポップスがHIP HOPになってるわけじゃないですか。みんなの足並みが揃わないと、日本ではなかなかそういう状況にはならないと思うんですよね。すごく分かりやすく言うと、HIP HOP版のLDHくらい大きなものを作りたいと思ってるし、それを作れるのは俺しかいないと思うから、それくらい本当に大きなスキームで考えてるね。

ミノル:スケールがめちゃくちゃデカい!

AK:JAY-Zの<Roc Nation>みたいなね。うち(Flying B)は元中日ドラゴンズの谷繁(元信)さんのマネジメントとかもやってるんだけど、そうやってスポーツ選手がカッコよくいるための活動とかもできたらいいなと思ってる。格闘技とHIP HOPって、海外だったらすごく密接な関係性じゃん。格闘技とHIP HOPが交わってもっとカッコよく見えるんだったら、お互いのシーンにとってWin-Winになることは、もっとやってきたい。K-1も<K’FESTA.>で、すごくちゃんと演出したライブを俺にやらせてくれたわけだし。あれって革新的だったと思うんだ。

ミノル:<K’FESTA.>はすごかったですね。

AK:日本ってアーティスト呼んでもその辺の脇っちょでライブさせたりするから。「だったら呼ぶなよ!」みたいな(笑)。結構そうなりがちなのよ。格闘技は格闘技班、スポーツはスポーツ班だから、あまりエンタメのことを考えないんだけど、<K’FESTA.>は始まったときに一瞬「あれ、AKのライブ始まった!?」みたいに……

ミノル:なりましたね(笑)。

AK:演出もちゃんとしてくれて、あの恩は忘れないよ。K-1はそういうところでエンターテインメントとしてお客さんをちゃんと楽しませようと思ってて、ある種、格闘技以外の力も使ってしっかりエンタメにしようとしてるのが、すごく良いなと思ったんだよね。だから俺側からも、格闘技の人たちに何かいい影響を与えられる動きができたらいいなっていうのは考えてる。

ミノル:格闘家からしたら、めちゃくちゃ嬉しいことですよ。そうなっていってほしいですね。

AK:江川(優生)くんとかも、新しい世代のスターになりうる逸材じゃん。スター性がすごい。インスタとか見てても彼らしくていいと思うんだけど、もっとこうしたらカッコよく見えるなとか、憧れられるスター選手になれるのにっていう部分もあるんだよね。そういう“カッコいいスターを生む手伝い”みたいな部分かな。俺たちは“魅せる”仕事だからさ。ゆくゆくはそういうこともできたりしたら、お互いのシーンにとってプラスになるんじゃないかなって。

ミノル:それはすごく変わっていくと思います!

AK:それで勢いのあるBucksとか、若手のカッコいいアーティストたちがK-1でライブするようになったりとかね。

AK-69 Official Channel/YouTube

ミノル:やってることはすでにカッコいいから、あとは見せ方をどうやっていくかって感じですよね。

AK:そう、それができるようになったら本当にもう、お互いのシーンがお茶の間レベルにまで届くんじゃないかな。

TAGS