ライブは裏で揉めごとが山ほど起きる(笑)|AK-69 × 木村ミノル

天守閣守る尾張の王者ことAK-69が、規格外の名古屋城超配信ライブをパッケージ化したDVD『LIVE:live from Nagoya』を1月27日にリリースする。
名門HIP HOPレーベル<Def Jam Recordings>から昨年リリースされた3rdアルバムとなる『LIVE : live』(ライブ:リブ)は、同郷・名古屋から注目の若手ラッパー¥ellow Bucksをフックアップ。さらにMC TYSON、SWAY、R-指定、IO、ZORN、Eric Bellinger、そしてもちろんDJ RYOWという超豪華な面々を客演ゲストに迎え、AK史上もっとも多彩な作品に仕上がっている。

今回は、格闘技界きってのHIP HOPヘッズとして知られる木村“フィリップ”ミノル氏に参加していただき、AKの真骨頂「LIVE」(ライブ)と、生きること「live」(リブ)をコンセプトに制作された『LIVE : live』について、そしてAK自身を掘り下げるべくインタビューを敢行。いま絶好調のファイター・木村ミノルと、キングでありながらシーンのトップを走り続けるヒップホップアーティストAK-69という、超貴重な組み合わせの対談が実現した。

AK-69 Official Channel/YouTube

ミノル:AKさんは興行を作りながら、演者としてパフォーマンスもしますよね。僕らは試合の日の朝は、出ることだけに集中すればいい。朝起きて、集中して、マインドちゃんと整えて、ご飯食べて。でもAKさんは、そこに興行主としての心配もあるわけじゃないですか。どこで演者のスイッチを持っていくんですか? それとも当日は裏方業のことは考えない?

AK:いや、考えてるよ。武道館規模とかになっても、それこそ物販がどうなってるかとかも気にしてるし。あと変なとこで言ったら、俺たちの大きいライブの時って色んな人が来てくださるのよ、関係者で。怖い人たちもいっぱい来るし(笑)。

ミノル:(笑)。

AK:裏で揉めごとが山ほど起きるんだ、本当に(笑)。

ミノル:それはHIP HOPっぽいですね(笑)。

AK:そういうこともあるし、その直前、券売がどういう状態になってるかっていうのも興行によってはあるし。あと撮影も、どういう風に撮るかっていうことも当日のリハーサルで動いてるカメラとかを見てて、どこ向かなきゃいけないとか最終確認したり。そういうことも常に、リハをやりながらも照明のチェックをしたり、自分の調整が終わったら客席のほうに行って、そこでマッサージを受けながらずっと照明の動き見て、「そこ組み直してくれ」って指示したり、ずーっと直前までやってる。

ミノル:ライブ直前まで続くんですか!? スゴい……。

AK:やっぱり会場で組むにはお金がかかるからさ。1日余分に会場を取って本番と同じ動きを確認できれば、それが一番いいんだけど。それをやったらプラス1日分の人件費と会場費が上乗せされるから。それだともう、キxxマ縮んじゃうよね(笑)。

ミノル:間違いないですね(笑)。

AK:今は両立することが当たり前になってるけど、集中したい。だからアーティストだけに専念してる友達は、見てて本当に羨ましいって思う時もあるよ。

ミノル:いやあ、自分じゃ考えられないですね、2つの脳をずっと保ち続けるなんて。

AK:アーティストになりきるのは、ライブが始まった瞬間だね。そこはもう演者としてだけの時間になるから。ゴングが鳴った瞬間。

ミノル:ライブを盛り上げたり、爆発的に成功させるために意識してることはありますか? お客さんの熱気を誘導したり。

AK:どうだろうな……もちろん、そこは自分のパフォーマンスに比例するっていう部分があるからね。だから発声とか、もうずーっと定まらないのよ。みんなからすると完成してるように見えるかもしれないけど、実はずっと不安だし、追い求めてる感じ。喉のセットの仕方とかもそうだけど、まだ声の出とか自分のパフォーマンスとか集中力が、いかに早く最大沸点に到達するかっていうところ。
あとはもう会場の雰囲気かな。自分だけで持ってこう、持ってこうってやると逆にスベったりするし、マジで難しいよね。本当に“生モノ”なんだ。そこは本当、蓋を開けてみないとわからないところだね。

ミノル:スベってから「ヤバい!」と思って、あとで盛り返すこともあるんですか?

AK:もちろん。でも大概は、やっぱり最初の滑り出しがめちゃくちゃ大事かな。特に自分を待ってくれてるライブだからね。みんなアガりたい人ばかりだから、そこでスベるようじゃダメだよね。でも言うこと聞かんときあるのよ!

ミノル:(笑)

AK:だから不安なんだよ~(笑)。寝てても歌えるくらいの曲でも、本番になると頭が真っ白になってパーーーン!! って(笑)。だけど、いかにその確率を下げるかっていうのは、本番までどれだけ積み重ねてきたかによるからさ。そこは永遠のテーマだね。

ミノル:ライブ前の何日間かは、他のアーティストの曲は聴かないようにしますか?

AK:少し前までは、そういうルーティーンみたいなものをすごく気にしてたよ。ライブ前の1時間は一人きりにさせてくれとかね、だけど今、それをしないようになった。

ミノル:ルーティーンがなくなったんですか?

AK:だって、普段のライブハウスとかクラブでライブやってる時に、そんな集中すんのか? っていうさ。直前までみんなと喋って、時間になったら「よし、やるか」みたいな感じでワーッと出ていく、それでいいじゃねーかって。変に「よし……行くぞ、行くぞ、行くぞ!」みたいになると逆に気負っちゃって、堅くなるんだよね。大きいライブでは、すごく集中して特別な臨み方をしようと思ってたんだけど、これもう普通にしといたほうがよくないか? って。それが緊張を誘っちゃうから、余計に。だからいつものライブみたいに、直前までスタッフと喋って、ワハハって笑って。

ミノル:そのまま行く?

AK:っていう感じにしないと、逆に緊張する。俺めちゃくちゃ緊張しいなのよ。

ミノル:え、本当ですか!?

AK:小さいライブでもめちゃくちゃ緊張する。もうワキが蛇口みたいになっとるで(笑)。

(一同笑)

もう蛇口かってぐらいワキ汗出るし、自律神経乱れまくり(笑)。だから今はもう普段通りだね。

ミノル:そういうスタンスになったのは最近ですか?

AK:そうだね、独立してからの武道館くらいからそういう風にしてるね。

ミノル:そうするとライブの楽しみ方も違いますか?

AK-69 Official Channel/YouTube

AK:うん。特別な挑み方しようとすると、前半ほんと心ここにあらずなくらい緊張するから。それで悔しい思いもすごいしたし。それを抜け出すために、なんかふと気づいたね。「あ、いつも通りでいいじゃん」みたいな。だって、リハーサルとかってめっちゃいい声出たりするんだけど、ワーッと遊んだあとでジムでトレーニングして、「疲れた~!」とか言いながら来てパッと歌って、それでめっちゃいい声出るんだわ。だから変に堅くするルーティーンみたいものは作らない方がいいなっていう。

ミノル:言われてみれば、僕もちょっと似てますね。徐々に、普段通りの動きをしながら試合に向かうように意識してます。

K-1【official】YouTube channel/YouTube

AK:それまで散々やることやってるから、無意識でもだいぶ動くと思うんだよね。だから変に祈ってたりするとさ、カッチカチになってくるんだ。カッチカチよ(笑)。

ミノル:わかります(笑)。そうですよね。

AK:イライラしてくるしね。楽屋に誰か来ても「入ってくんな!」みたいな(笑)。

ミノル:撮影のカメラとかも困りますよね(笑)。

AK:「撮んじゃねー!」って(笑)。やっぱりピリピリしてると良い結果も出ないしね。機嫌よくて笑ってる時のほうが絶対、いいパフォーマンスになる。ある時ふと「なにをこんなピリピリしてんだろ?」みたいな。それを自分からしてたなって気づいて「やめた!」ってなったね。

TAGS