世界への登竜門 年間チャンピオンが決まる一戦『AJSA 2019 ムラサキプロ』開催

来る11月3日、今年のスケートボードのストリート種目における年間チャンピオンが決まる一戦『AJSA 2019 ムラサキプロ』が、東京都足立区のMURASAKI PARK TOKYOにて開催される。

本大会は、30年以上の歴史を持つ日本スケートボード協会が主催となり、年間数戦行われるプロツアーの最終戦にあたり、この1戦で年間チャンピオンが決まるというもの。

近年の傾向としては、オリンピック種目決定の影響もあって、世界への登竜門として一般メディアからも大きな注目を浴びている。現に今はアメリカに活動拠点を置く堀米雄斗は2014年と2015年、池田大亮も2016年と2018年に年間チャンピオンに輝いてるのだから、国内における位置付けは最高峰と言える。

さらに今年は『ムラフェス』と題したムラサキスポーツのフェスとの同時開催となっており、昨年のムラサキカップ1位と2位の池田大亮と白井空良によるデモンストレーションや各種ライブにショウケース、さらにはさまざまなブランドブースや体験コーナーも併設。

スケートボードの他にBMXやストライダー、SUPにダンス・ミュージックなどが複合的に楽しめるアクションスポーツの一大フェスとなっている。なお、本サイトでもムラサキカップを中心にイベントレポートを行う予定だ。

TAGS