阪神ファンをボコボコ、乱闘で拳に… “超武闘派集団”星野ドラゴンズの衝撃話

元プロ野球選手の愛甲猛が超武闘派集団”だった、星野仙一さんが監督時代の中日ドラゴンズの仰天エピソードを語った。

デーブ大久保チャンネル/YouTube

YouTubeで公開されたデーブ大久保との対談動画で、愛甲はロッテから移籍後の中日時代を振り返った。

阪神戦では外野のスタンドから阪神ファンがグラウンドに流れ込んでくる騒動が発生。すると警備員が貼ったロープをかいくぐり、チームメイトのアロンゾ・パウエルの頭を「ポコン」と叩いた阪神ファンがいたという。

これにパウエルは激怒し、逃げる阪神ファンを捕まえてベンチ前のグラウンドに倒してボコボコに。すると星野監督や球団の背広を着た職員などが集結し、パウエルを止めるのかと思いきや……動画ではピー音で詳細は不明だったものの、その阪神ファンは最終的に警備員に両脇を抱えられるようにして関係者入口から球場を後にしたという。

「とんでもない球団来ちゃったなと思ったよ」と回顧した愛甲。当時の中日は星野監督の影響もあって全員血の気が多かったそうで、巨人戦では死球の応酬から乱闘に発展したこともあった。

乱闘が終わったあとにヘッドコーチが隠れたところで手にテーピングをしていたため、愛甲が「ヘッド怪我したんですか?」と尋ねると、ヘッドコーチは「いや、愛甲、今日もう1回あるぞ」と再度の乱闘を示唆したのだとか。

愛甲は「何をやっているのかと思ったら、ここ(拳)に鉄板をテーピングで貼り付けてたんだから。それで手袋して『今日はもう1回あるぞ』って(笑)」と、戦闘態勢を整えていたことを明かして大久保を苦笑させていた。

TAGS